甲賀市セーフコミュニティ活動報告会を開催しました

 

 平成30年2月25日(日曜日)、取り組み成果の共有の場として、甲賀市セーフコミュニティ活動報告会を甲南情報交流センターで開催し、約150人の参加がありました。市の取り組みの全体説明の後、5つのテーマ別対策委員会から、1年間の活動報告をいただくとともに、甲賀市地域包括支援センターによる『甲賀市いきいき100歳体操』や水口笑い隊による防災啓発劇『忍者地蔵』が披露されました。日本セーフコミュニティ推進機構の白石代表理事より「日本は安全が当たり前の国である中で、甲賀市はさらに質の高い安心・安全のまちづくりのために取り組みを進めておられる。ぜひとももっと見える化に努めていただきたい。そういう意味では、この活動報告会は良い機会になったのではないか。」と講評を受けました。また、閉会あいさつにおいて推進協議会冨岡副会長は「この活動報告会を機会に、セーフコミュニティ啓発パンフレットに記載の『今日からできるセーフコミュニティ』のどれか1つでも良いから取り組んでほしい。」と呼びかけられました。

 

  【活動報告会 写真】(825KB)