「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

 社会資本整備に関する政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した「社会資本総合整備計画」に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。

 また、国の平成24年度補正予算時に、防災・減災、安全を実現するメニューに特化して集中的に支援するものとして、防災・安全交付金が創設されました。

 本市では、社会資本整備総合交付金(下水道事業)で汚水処理施設の整備と雨水対策事業を実施してきました。しかし、近年問題となってきている市街地の浸水対策を一層進めるため、雨水対策事業を防災・安全交付金で実施することとし、別の計画に分けました。また、老朽化が進む汚水処理施設の機能を持続的に確保するために必要な事業も防災・安全交付金で実施し、水害に強い町をつくるとともに、安全・安心、快適な生活環境を実現します。汚水管の整備は引き続き社会資本整備総合交付金で実施していきます。

《汚水管の整備に関する計画》

 ◎ 甲賀市における良好な水環境の形成、市街地の浸水対策の実現(その2)

 ◎ 実施箇所図

 ◎ チェックシート

《雨水対策、汚水処理施設の機能確保に関する計画》

 ◎甲賀市における良好な水環境の形成、市街地の浸水対策の実現(防災・安全)

 ◎実施箇所図

 ◎ チェックシート