東京2020オリンピック・パラリンピックホストタウン

甲賀市は平成30年(2018年)4月27日に、甲賀市はシンガポールのホストタウンに登録されました。シンガポールパラリンピック選手団の事前合宿の受入れと併せて、今後、シンガポールとスポーツ、商工、観光、文化など様々な分野での交流を図ります。
  交流計画の概要

 

 ホストタウンとは
 2020年東京オリンピック・パラリンピック大会開催をきっかけに、地域の活性化や観光振興等の観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を国が登録する制度です。
◆オリンピアンとの交流を通じて、スポーツの素晴らしさを学びます。
◆大会参加国の方々との交流を通じて、外国を知り日本を伝えます。
◆パラリンピアンとの交流を通じて、共生社会を学びます

  ホストタウンについて(内閣官房ホームページ)