市民の皆様へ市長メッセージ(5月18日更新)

 これまで市内で感染が確認された方が1名(4月6日)に留まっていることは、市民の皆様や事業者の皆様が様々なご事情がある中で、ご自身や大切な人の健康と命を守るため、外出の自粛や休業要請にご協力をいただいた結果であると改めて心よりお礼申し上げます。
また、マスクなどの貴重な品を、多くの方より寄付いただいております事、この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。
 さて、国は、5月14日に滋賀県を含む39県を緊急事態宣言の対象から除くことを決定しましたが、このウイルスとの戦いは長期戦を覚悟する必要があります。
 有効な治療法やワクチンが開発されるまでは、身体的な距離の確保やマスクの着用、手洗いや3密の回避などこれまでからお願いしてきたことに加え、別紙にもお示ししましたが、国が示す「新しい生活様式」を一人ひとりが実践いただくことが大変重要となってまいります。
 この度、市独自に作成いたしました、各分野のガイドラインの順守を前提として、学校での教育活動、放課後児童クラブや市立幼稚園、市公共施設の開館や各種事業等の再開に向けた取り組みを、感染リスクを最大限低減し、国の専門家会議からの提言をふまえ、慎重に進めていくこととしました。

1.学校の再開について


 学校の再開については、登校前・登校時、学校生活、給食・食事、部活動における感染予防対策や、休業等の基準を示した甲賀市版「学校再開ガイドライン」に基づき、最大限の感染防止対策を講じたうえで実施します。

 再開日:6月1日(月曜日)

 ※1日(月曜日)から5日(金曜日)までは、半日授業とします。

 6月8日(月曜日)からは通常授業とします。
 給食は、6月4日(木曜日)から実施します。


2.放課後児童クラブの再開について


 放課後児童クラブの再開については、通所前、児童クラブでの過ごし方、お弁当・おやつにおける感染予防対策や、夏休み中の注意事項、職員やご家庭での注意点、休所等の基準を示した甲賀市版「放課後児童クラブ再開ガイドライン」に基づき、最大限の感染防止対策を講じたうえで実施します。
 なお、利用児童が多い施設につきましては、3密を回避するため近隣の学校施設などを利用して、一人当たりの面積が国の基準を上回るよう対策を行います。

 再開日:6月1日(月曜日)

3.市立幼稚園の再開について

 市立幼稚園の再開については、登園前・登園時、園生活、活動時における感染予防対策や、園児のケア、職員の取組み、家庭での取組み、休園等の基準を示した甲賀市版「幼稚園・保育園再開ガイドライン」に基づき、最大限の感染防止対策を講じたうえで実施します。

 再開日:6月1日(月曜日) 給食についても、6月1日から実施します。

4.市主催(共催)事業及び市施設等の再開について

 市主催(共催)事業の再開については、市民の皆様がイベント等を開催される際に参考となる開催基準や、開催時に注意いただきたい事項をまとめた、甲賀市版「事業等の実施および市施設の貸館等に係るガイドライン」に基づき順次実施します。
 また、市施設の再開については、公民館や公園・グランド等の施設は5月25日(月曜日)から、子育て支援センターや体育館等の施設は6月1日(月曜日)からと順次開館します。その他の施設につきまして詳しくは一覧表にてご確認をお願いします。

5.市内における避難所、避難場所の3密回避策について

 集中豪雨などが多くなる出水期を迎えるため、本市では避難に介助を必要とされる方や高齢者、障がい者、妊婦等の方が避難時に3密を回避できるよう、在宅避難等も含めそれぞれの方に適した避難所を増設することや、避難所開設におけるスタッフの体制等についての見直しを行っております。

6.市独自の緊急経済対策等について


 5月1日(金曜日)に成立の緊急経済対策第1弾となります市補正予算では、特別定額給付金の支給、児童手当支給世帯に対する国臨時特別給付金へ市独自で1万円の上乗せ支給を決定し、支給に向けた事務を進めています。
 また、中小企業等小規模事業主の方々への市の独自支援として、緊急小口資金の貸付けを受ける個人事業主の方を対象に最大5万円の支援金の支給、売上高が減少となる方に店舗等賃借料の固定費を最大20万円の補助、市内に本店のある宿泊業、飲食サービス業などの方で売上高が減少した方を対象に、テイクアウトやデリバリーにより事業を継続される場合に3ヶ月を上限に月額最大10万円を支援、県の休業要請へ協力された事業者の方に支給の臨時支援金へ一律5万円の上乗せなどについて決定をしました。
 現在、緊急経済対策第2弾となります補正予算案を6月定例市議会に提案できるよう、急ぎ編成作業を行っているところです。

7.その他

 市独自に市内の感染状況を5段階のリスクレベルで表示し、今後、各レベルに応じた社会経済活動実施の基準について、市民の皆様と共有できるよう示した一覧を作成しました。 

 今後も経済対策はじめ必要な支援策を必要な時期に実施できるよう取り組んでまいりますので、引き続き感染予防について、市民皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和2年(2020年)5月18日           甲賀市長 岩永裕貴

市民の皆様へのメッセージ(5月1日更新分)

 全国すべての都道府県が緊急事態宣言の対象地域となってから半月あまりが経過いたしました。

 昨日4月30日に、国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連の補正予算が成立したことを受け、1日でも早く市民の皆様に給付金をお届けするために本日5月1日に臨時議会を開催し、第1弾となる甲賀市の補正予算が成立しましたので、その内容について市民の皆様にご報告させていただきます。

これまでの新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて

 これまでより市民皆様の健康や安全を守ることを第一に、まずは感染拡大の防止対策(啓発を含む)を中心に取り組み、医療機関、障がい者福祉施設や高齢者施設、妊婦の方、高齢者の方へ約20万3千枚のマスクを配布してきました。

 この感染症の影響により収入が減少するなど公共料金のお支払いが困難となった方には、市税、上水道及び下水道料金、介護保険料、市営住宅家賃などについて、支払いの猶予や減免等を実施しております。

 また、学校休業にともない、生活困窮などの理由により支援が必要な世帯のお子さんについては、社会福祉協議会とも連携し食事の提供等にも取り組んでおります。

◎甲賀市補正予算【5月1日成立】で取り組む経済対策(第1弾)について

1.国民1人当たりに10万円が給付される特別定額給付金については、実施主体となる本市の補正予算が成立しましたので申請が可能となりました。

【申請時期】

・マイナンバーカードを利用したオンライン申請は、明日5月2日(土曜日)から

・郵便申請は、全世帯あてに申請書を5月中旬に発送できるよう進めています。

2.子育て世帯への独自支援として、国が児童手当支給世帯に対し支給される臨時特別給付金の1万円に、市独自に1万円を上乗せして支給します。

※高校生を対象とした支援についても、現在準備を進めております。

【支給時期】

 現在、臨時特別給付金(市単独分を含め)の支給するためのシステム改修や、給付金についてのご案内を5月下旬に発送できるよう、この大型連休中も職員が準備を進めておりますので、しばらくお時間をいただきますようお願いします。

3.小規模事業者の皆様への支援として、前年同期と比べ売上高が2割以上減少となる事業者の方に、店舗等賃借料の固定費を最大20万円(2ヶ月相当分)補助いたします。この補助は国でも現在議論中ですが、一刻の猶予もないと判断し市が先駆けて取り組むものです。

【受付開始時期】

・5月11日(月曜日)(予定)

4.新たな業態による事業継続への支援として、売上高が2割合以上減少となった宿泊業、飲食サービス業を営まれる市内に本店を有する小規模事業者の方を対象に、テイクアウトやデリバリーにより事業を継続される場合に、3ヶ月を上限として月額で最大10万円を支援いたします。

【支給業務の開始時期】

甲賀市商工会へ支援業務委託して実施するため、現在調整中です。

できるだけ5月中に開始できるよう進めています。

5.緊急小口資金の貸し付けを受ける個人事業主の皆様を対象に、最大5万円の支援金を支給します。

【受付開始時期について】

・5月11日(月曜日)(予定)

6.滋賀県が新型コロナウイルス感染症拡大の防止ために休業要請し、協力された事業者の皆様に対して支給される臨時支援金に、一律5万円の上乗せを行います。

【業務開始時期について】

・5月7日(木曜日)(予定)※滋賀県の申請スケジュールによる。

7.上記の他、感染症拡大防止対策のために購入する医療用の資機材、学校の臨時休業中に行う学習教材の購入などを行うものです。

 なお、購入した医療用の資機材は、医療機関や福祉施設をはじめ、市内小中学校や幼稚園、保育園、放課後児童クラブなどへ配布いたします。

 次に、本日5月1日から、国の給付金等ついての相談窓口・コールセンターを市役所の別館に開設しました。

 このコールセンターは、経済支援、生活支援や特別定額給付金に関することなど、皆様が疑問や不安に思われることについてお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

 ◎コールセンター電話番号:0748-69-2133

◎今後の、新型コロナウイルス感染症対策における経済対策等について

 市では、新型コロナウイルス感染症対策における経済対策等について、経済社会活動が回復するまでの間を、4つの段階に分けて対応することとしています。

 今回5月の補正予算では、第2段階にあたる拡大期までの支援策を予算化したものです。また、第3段階の収束期、第4段階の経済復興期についての対策も検討に入っており、必要な時期にできる限りの対策を講じてまいります。

新型コロナウイルス感染症に係る甲賀市の経済対策図 

 令和2年(2020年)5月1日       甲賀市長 岩永裕貴

 ※5月8日の対策本部会議の結果を受けて内容を一部変更しました。

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(4月27日更新)

 

市民の皆様への市長メッセージ     (4月27日更新)


  現在、全国全ての都道府県を対象に緊急事態宣言が出されており、国や県は法にもとづき外出の自粛や、特定の事業者へ休業要請をされています。
 例年であれば皆様にとって楽しみな大型連休がまもなく始まりますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、外出を控えできる限りご自宅でお過ごしいただきたいというお願いをせざるを得ません。いのちを守るステイホーム週間として皆で心を一つにし、この難局を乗り越えていきましょう。
 市では、4月26日に第14回目となる新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、以下のことを決定しましたので市民の皆様にお知らせいたします。

1. 市立小中学校等の休業延長について
 
国の専門家会議では、感染拡大が収まらないという発表がされ、県内・市内の感染リスクを鑑み、5月6日までとしていた市立小中学校の休業期間を5月31日まで延長します。
 休業期間が長期となり子どもの健康や学力などについてご心配をされていることと存じます。今後は、担任教員が家庭訪問等を行い、子どもたちの健康状態の確認と、市で新たに用意する学力向上ドリルを使って学習状況の把握と指導を行います。加えて、あいコムこうかやインターネットを活用し、市が作成した学習番組、学習支援動画を配信し、学力向上にさらに力を入れていきます。
 また、市立幼稚園や放課後児童クラブについても5月31日まで休園、休所します。保育園については引き続き運営しますが、できる限りご家庭での保育をお願いします。   
 学校休業などの対応について詳しくは、各学校や園から保護者の皆様へ連絡させていただきます。
 度重なる休業、休園の延長により保護者の皆様にはご家庭での見守りや保育をお願いすることになりご負担をおかけいたします。市も各家庭、お子様のサポートにできる限りの役割を果たしてまいりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2.施設の休館延長、市主催イベントの中止について
 国の緊急事態宣言の期間に合わせ、現在、市施設を休館とし、また、市主催イベントを中止としておりますが、県内において日々感染者が確認されていることや、国の専門家会議の提言を受けて、引き続き5月31日まで延長させていただきます。

3.緊急経済対策等の支援について
 国が準備を進めている一人10万円の給付金については4月30日に国会議決がされる予定であり、市では翌日の5月1日に市議会臨時会にてご審議いただき、一日でも早く皆様にお届けできるよう準備を進めてまいります。
 市民の皆様をはじめ事業者の皆様には、外出自粛や休業要請等の影響により経済的な面で非常に厳しい状況におかれている方が多数おられます。こうしたことから、市の相談窓口やコールセンターを開設し、経済支援や生活支援、子育てに関する相談などをお受けいたしますのでご利用ください。
また、本感染症に関する様々な支援制度については、最新情報を市ホームページの特設サイトに掲載していますのでご確認ください。

4.外出自粛のお願いについて
 大型連休に入り、感染拡大を防ぐため今が大変重要な時期となっています。生活の維持に必要な場合や適度な運動を除き、外出を控えていただきますよう、強くお願いいたします。また、この期間中、帰省や旅行など人の移動を控えていただき、人と人が接触する機会をできるだけ少なくするよう一層のご協力をお願いします。


令和2年(2020年)4月27日

                           
甲賀市長 岩永裕貴




経済支援、生活支援、特別定額給付金等に係る相談窓口・コールセンター】
  場所:市役所別館1階・2階
  設置期間:5月1日(金曜日)~ 
  電話番号:69-2133
  受付時間:8時30分から17時15分まで(5月1日以降、平日・休日を問わず)
      (ゴールデンウイーク中も開設しています)

【その他、内容に応じた問い合わせ先】
・感染拡大の影響を受けている市民生活や地域経済の支援に関すること
 新型コロナウイルス感染症くらし・経済対策推進室    69-2151・2152
・学校に関すること         学校教育課     69-2243
・保育園、幼稚園に関すること    保育幼稚園課    69-2181
・放課後児童クラブに関すること   子育て政策課    69-2176
・感染症対策、健康相談に関すること すこやか支援課   69―2168
・市対策本部に関すること      危機管理課     69-2103

※上記受付時間・・5月6日までの間、土日、祝日も含め8時30分から17時15分まで
(ゴールデンウイーク中も開設しています)

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(4月17日更新)

市民皆様への市長メッセージ(4月17日更新)

 

 4月16日、国は新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急事態宣言の対象地域を5月6日までの間、全国の都道府県に拡大することを決定されました。

 医療崩壊を防ぐためには、大型連休を控え全国的な人の移動を一斉に抑えることで、感染の拡大に歯止めをかける必要があると判断されたものです。

 この緊急事態宣言が発令されたことによって、大きく変更となった点は、これまでから不要不急の外出を控えていただくようお願いしていたものが、法的根拠をもって要請されたということです。もちろん、食料や生活必需品等の買い出しや、必要な職場への出勤、医療機関への通院等、生活を維持するための外出は制限されることなく、日用品を購入するための店舗等も開いておりますので買い占めなどされることなく、皆様お一人お一人が冷静な行動をとっていただくようお願いします。

 その他の変更点については、国より出される基本的対処方針を踏まえ、今後県において検討されることとなります。県の要請により市において実施すべきことが決定した際には、随時市民の皆様にお伝えさせていただきます。

 加えて、次の2点についても改めてお願いを申し上げます。

 

 1点目は、国も県も、人と人の接触を大幅に少なくすることを要請しており、お勤めについても、可能な限り分散勤務や時差出勤、自家用車通勤など人との交わりを今まで以上に少なくするよう努めてください。

 

 2点目は、「密閉」「密集」「密接」や、この3つが重なる「3密」を避けるよう心がけてください。特に、高齢者や糖尿病、呼吸器、心臓等の基礎疾患のある方をはじめ妊婦の皆様は、発熱がないかなど毎日の体調管理に努めてください。

 

 全国一斉の緊急事態宣言を受けて、本日、第13回目となる市対策本部会議を開催し、以下のことを決定しましたので、お伝えいたします。

  • 市内小中学校及び、放課後児童クラブの休業(所)期間については、以前よりお示しした期間と変わらず5月6日までとします。
  • 小中学校でのお子様の預かりについては、今までどおり実施いたしますが、緊急事態宣言の対象地域となったことから、これまで以上にご家庭での見守りをお願いいたします。
  • 市内小中学校について、教科書等の配布や学級担任からの説明会を予定しておりましたが、感染拡大防止をより強化する局面となったことから、子ども達の健康と安全を第一に考え、原則保護者の皆様を対象に教科書や休業中の課題等の配布のみとさせていただくよう変更しました。日時など詳しくは、各学校から保護者の皆様へご連絡させていただいております。
  • 市立幼稚園については、県内の他市町と同様に5月6日までの間、臨時休園することといたします。なお、特別なご事情のあるご家庭については、園でお預かりできる場合もありますので、各園までご連絡ください。
  • 市立保育園については、引き続き感染予防対策を徹底した上で保育を実施してまいりますが、これまで以上にご家庭での保育について、改めてご協力をお願い申し上げます。
  • 公共施設については、市民皆様の外出をできる限り控えていただくために、屋内・屋外を問わず原則すべての施設を休館(園)といたします。なお、図書館については、WEB、電話予約による貸し出しは継続する予定です。施設により対応が異なることもありますので、詳しくは市ホームページ等でご確認ください。
  • 4月20日(月曜日)から、この感染症対策に関する組織体制を強化するため、経済支援・経済対策に特化した専門チームを設置し、対策を実施することを決定いたしました。

 一日も早く安心して暮らせる甲賀市の日常を取り戻すため、まずは自分自身や大切な人を守るために「うつらない!うつさない!」行動をとっていただくように引き続きお願い申し上げます。

 

令和2年4月17日        

        甲賀市長 岩永 裕貴

 

※本市の新型コロナウイルス感染症対策について詳しくは、市ホームページの特設サイトに随時最新情報を提供しておりますのでご覧ください。

 

※また、新型コロナウイルス感染症の対応に関して、ご不明な点等がございましたら、各担当までお問合せください。

 

【問合せ先一覧】

学校の休校に関係すること      学校教育課   0748-69-2243

保育園幼稚園に関すること      保育幼稚園課  0748-69-2181

放課後児童クラブに関すること    子育て政策課  0748-69-2176

感染対策に関すること        すこやか支援課 0748-69-2168

事業者の皆様に関すること      商工労政課   0748-69-2187

市対策本部に関すること       危機管理課   0748-69-2103

 

問合せ時間(平日及び土・日曜日、祝日)8時30分~17時15分

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(4月15日更新)

市民皆様への市長メッセージ

      (4月15日更新)

 

 新型コロナウイルス感染症では、4月7日に国から緊急事態宣言が発令され、滋賀県でも感染経路が不明な感染者が増加傾向にあります。

 4月14日には県内の感染者が一日に最多の11人となり、同日未明には県内で初めて感染症患者が一人お亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りいたしますとともに、現在、療養中の皆様には一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 本感染症の感染拡大には、これまで以上に警戒を強め、感染拡大の防止に努める必要があり、本日、滋賀県知事、県市長会会長及び、県町村会会長の連名により、緊急共同メッセージが発表されたところです。市民の皆様には改めて、次の3点についてお願いいたします。

 

 1点目は、生活を維持するために必要な場合を除き、外出を控えていただきますよう、強くお願いします。特に、県域を越えた移動については、できる限り控えてください。

(医療機関への通院や、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩などは除く)

 

 2点目は、職場でのお勤めについても、可能な限り、分散勤務などに取り組んでいただくとともに、体調不良時の早めの休暇取得や、職場に出勤する場合でも、時差出勤、自家用車通勤等、人との交わりを今まで以上に少なくするよう努めてください。

 

 3点目は、日常生活においても「密閉」「密集」「密接」の「3密」の重なる環境はもちろんのこと、一つの「密」であっても避けるよう心がけてください。特に、高齢者や糖尿病、呼吸器、心臓等の基礎疾患のある方をはじめ妊婦の皆様は、発熱がないかなど毎日の体調管理に努めてください。

 

 また、近隣の大阪府、兵庫県を含む7都府県は緊急事態宣言の対象地域となり、関西広域連合において府県を越えて移動を行わないとの申し合わせが行われるなど、本感染症をめぐっては滋賀県の状況がさらに厳しい局面に入ったものと考えられます。

 こうしたことから、本市においても児童・生徒等への感染リスクを低減させるため、市内小中学校について、国が緊急事態宣言の期間とした5月6日まで再度の臨時休業と、同期間の放課後児童クラブの休所を決定しました。

 小中学校を長期にわたり休業することとなり、子ども達の学力面もサポートする必要もありますので、体育館など広いスペースを有効活用するなど感染予防対策を徹底した上で、休業中も週に1回程度は分散して登校する日を設け、課題の提出や学習指導などを行います。

 分散登校日等について、詳しくは各学校から改めて保護者の皆様へご連絡させていただきます。

 市立の幼稚園や保育園については、感染予防対策に万全を期して開所しておりますが、可能な限りご家庭での保育をお願いします。

 また、人との交わりを少なくするため、不特定多数の方が利用される市の施設についても、同じく5月6日まで原則として休館、利用の一部を制限いたします。

 度々の休業や休館となり、市民の皆様とりわけお子様をお持ちの皆様には、日常生活に制限が生じ、大変なご心配をおかけしておりますが、これまで経験のない緊急事態であり、皆様の健康と安全を守るための、全県的な取り組みでもあることを何卒ご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 自分自身や大切な人を守るため、私たち自身の行動を見つめ直し、「うつらない!うつさない!」行動をとっていただくよう改めてお願い申し上げます。

 

令和2年4月15日                   甲賀市長 岩永裕貴

 

 

※小中学校の休業、市施設の休館や経済支援などの詳細については、市ホームページの特設サイトに情報を提供しておりますのでご覧ください。

※また、新型コロナウイルス感染症の対応に関して、ご不明な点等がございましたら、各担当までお問合せください。

 

【問合せ先一覧】

 

問い合わせ時間(平日)

8時30分~17時15分

 

学校の休校に関係すること      学校教育課   0748-69-2243

保育園幼稚園に関すること      保育幼稚園課  0748-69-2181

放課後児童クラブに関すること    子育て政策課  0748-69-2176

感染対策に関すること        すこやか支援課 0748-69-2168

事業者の皆様に関すること      商工労政課   0748-69-2187

市対策本部に関すること       危機管理課   0748-69-2103

 

問い合わせ時間(土日・祝日)

8時30分~17時15分

 

新型コロナウイルス感染症対策に関すること   市役所代表電話 0748-65-0650

市内初感染者の発生に伴う市長メッセージ(4月6日更新)

市民の皆様への市長メッセージ(4月6日更新)

 

 4月6日、甲賀市内ではじめての新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。

 草津市のニチコン草津株式会社に勤務される60代の男性の方です。

 現在、滋賀県甲賀保健所が、感染ルートや濃厚接触者の把握を含めた疫学的調査を実施しているところであり、詳細の内容は確認できておりません。

 調査により判明しました感染症患者の行動歴等については、今後、滋賀県より公表されますので、県から新たな情報が入り次第、迅速かつ正確にお伝えしてまいります。

 このことを受け、感染症患者について調査中ではありますが、同日開催しました本市対策本部会議において、協議を行い、次の事項を決定しました。

 市立の小中学校については、ニチコン草津株式会社のクラスター感染により患者が発生している他市での対応状況、また、感染症患者の行動履歴や濃厚感染者の状況が明らかになる4月19日(日曜日)まで臨時休業とします。

 入学式・始業式の実施の詳細については、各校から保護者の皆様に改めてご連絡させていただきます。

 また、幼稚園・保育園並びに放課後児童クラブにつきましても、各園等から保護者の皆様に改めてご連絡させていただきますので、ご協力の程よろしくお願いします。

 ※幼保、放課後児童クラブ、小中学校の対応方針については、市ホームページに順次記載いたしますので、ご確認をお願いします。

 

 

 市民の皆様には、今一度、下記の点についてお願いいたします。

   1.感染拡大のリスクを高める3つの密※の場を避ける。

※3つの密とは、①換気の悪い密閉空間、②多数が集まる密集場所、③間近で会話や発声をする密接場面

 

2.県知事からの要請のとおり、10都道府県(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)への不要不急の出張、訪問を自粛する。

 

   3.引き続き、手洗いやうがい、咳エチケットなどの感染症対策を徹底する。

 

4.風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日間以上続く、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方は、必ず帰国者・接触者相談センターに相談の上、帰国者・接触者外来を受診ください。

 

 5.デマやうわさに惑わされることなく、お互いの人権を尊重し、正確な情報に基づいて、

 冷静な行動をお願いします。

 

 以上の内容にご協力いただき、この難局を共に乗り切っていただきますよう改めてお願いするとともに、感染者の方の1日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 

 

令和2年(2020年)4月6日

                         甲賀市長  岩永裕貴


新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(3月25日更新)

 市民の皆様への市長メッセージ(3月25日更新)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の要請を受けて、3月24日までの小中学校臨時休業などにつきましては、それぞれのご事情があるなか、市民の皆様には多大なご協力をいただき、心から御礼申し上げます。

 世界においては、150を超える国と地域で感染が拡大し、とりわけヨーロッパやアメリカなどで感染者が急増しています。そのような中、3月11日には、WHO(世界保健機関)が世界的な流行を示すパンデミック状態にあるとの認識を示し、各国で渡航制限などの強力な措置がとられています。

 日本国内では、感染者は増加傾向にありますが、国を挙げて対策を講じてきたことにより、専門家会議でも「爆発的な拡大には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」との見解が示されています。

 市内におきましては、市民の皆様のご理解とご協力、そして医療機関をはじめ関係者の方々のご尽力により、PCR検査のためにこれまで数例の検体が送致されましたが、いずれも陰性であり、これまで感染者は発生していない状況であります。

 3月23日現在、県内の感染者は5人にとどまっており、いずれも散発的な発生であることから、滋賀県は、「感染状況が一定程度に収まっている地域」であると認識されています。

 3月19日の国の専門家会議では、感染経路が分からない患者数が継続的に増加することは、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねないとの危機感も示されつつも、感染により停滞している社会・経済機能にも配慮し、「感染が一定程度に収まっている地域は、リスクを回避する対策を取ったうえで、リスクの低い活動から徐々に再開を検討していただきたい。」としています。

 これを受け、3月23日の滋賀県の対策本部員会議では、現在、休館や利用停止している県立施設については、(1)換気の悪い密閉空間、(2)多数が集まる密集場所、(3)間近で会話や発声をする密接場面という3つの条件が重ならない、感染リスクに対する対応が一定とれると判断した場合には、順次、開館や利用を再開していく方針が確認されています。

 本市としましては、全国的にオーバーシュートも心配される中、決して楽観視することはなく、市民の暮らしと命を守り、社会経済的な影響を少しでも抑えるために、国や県が示す基準をもとに、小中学校の再開をはじめ、放課後児童クラブ・幼稚園・保育園の運営、公共施設の開館、イベント開催に取り組んでまいります。

 また、市民の皆様が主催されるイベント、事業についても、別紙のガイドラインを参考にして、感染リスクとなる3つの条件が重なることを回避した上で開催いただきますよう、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 なお、今後も、国や県との連携はもとより、企業や市民の皆様のご協力をいただきながら、本市における総合的な取り組みを進めるとともに、市内で感染者が確認される等、状況の変化があった場合には、随時、市対策本部会議を開催し、市民の健康と安全を最優先にした対応を図ってまいります。

令和2年(2020年)3月25日

                         甲賀市長  岩永裕貴

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(3月13日更新)

 市民の皆様への市長メッセージ 

 滋賀県内において新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されたことや、直近の国及び滋賀県からの要請、発表を受け、本市の対応方針を更新しましたので市民の皆様にお知らせします。

 引き続き、甲賀市としても全庁をあげて万全の対策を行ってまいりますので、市民皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

 なお、市内において感染者が確認された場合、随時滋賀県から公表されますが、市におきましてもプライバシー保護に配慮しつつ正確な情報をお伝えしていきます。

〇 新型コロナウイルス感染症に関する市・国・県からの情報をまとめて閲覧できる特設サイトを市ホームページに作成しました。随時最新情報を掲載しておりますのでご利用ください。

〇 市主催のイベント等については、国等の方針に従い引き続き3月24日まで中止または延期することとします。

 また、これまで確認された集団感染の共通点として、(1)喚気の悪い密閉空間、(2)多くの人が密集、(3)近距離で会話や発声、という条件が重なっていることが分かってきました。市民の皆様には、これら3つの条件が揃う場所や状況を避ける行動をとってください。

〇 国等の方針に従い、信楽伝統産業会館、くすり学習館など博物館や資料館類似施設の休館を、引き続き3月24日まで継続いたします(休館の施設に変更はありません)。

〇 子ども達の健康と安全を第一に考え、3月24日まで市立小中学校の休業および、放課後児童クラブ(学童保育)の休所を行っております。ご家庭の事情等により、学校でお預かりしておりますので、まずは学校へご相談ください。

幼稚園児、保育園児のご家庭での保育についても引き続きご協力をお願いします。

〇 市民の皆様には、こまめな手洗いや、うがい、咳エチケットなど各自でできる感染予防対策の徹底をお願いします。

〇 国の緊急対応策第2弾として示された、学校の臨時休業による保護者の休暇取得支援や、事業活動を縮小せざるを得なくなった事業者への支援等の他、本市におきましても必要な対応を機動的に行っていきます。

〇 市民の皆様もデマやうわさに惑わされることなく、お互いの人権を尊重し、正確な情報に基づいて、冷静な行動をお願いします。

 令和2年(2020年)3月13日

                        甲賀市長 岩永裕貴

新型コロナウイルス感染症に係る市長メッセージ(3月6日更新)

 市民の皆様への市長メッセージ


 新型コロナウイルス感染症が国内で感染拡大しています。
 現在のところ、県内で感染者は発生していませんが、国内での患者の発生状況を踏まえると、新型コロナウイルス感染症の感染状況は新たな局面に入りつつあると考えられ、市民の皆様のご理解とご協力を賜り、甲賀市としても全庁をあげて万全の対策を行ってまいります。


1.市民の皆様には不要不急の外出を極力ひかえていただきますようお願いします。
また、学校等が休業となりますが、児童、生徒の皆さんにはできる限りご家庭で過ごしていただきますようお願いします。


2.市主催のイベント等については、本日から3月15日までの間、中止もしくは延期とします。
公民館や図書館など市の施設は開館いたしますが、市民の皆様には、会議や催しを真に今の時期に開催いただく必要があるか検討いただき、できる限り中止もしくは延期していただきますようお願いします。


3.県立の博物館が休館されることにともない、以下の博物館や資料館類似施設は、2月29日から3月15日までの間休館することとします。
(信楽伝統産業会館、くすり学習館、信楽産業展示館、みなくち子どもの森自然館、歴史民俗資料館[水口・土山・甲賀]、水口城資料館、東海道伝馬館、甲南ふれあいの館、紫香楽宮跡関連遺跡群発掘調査事務所)


4.昨日の内閣総理大臣からの要請を受け、3月2日から3月24日までの間、市立の小中学校を休業します。また、放課後児童クラブ(学童保育)についても同期間休所することとします。
(詳細については学校を通じて保護者の皆様にご連絡させていただきます。なお、特別な事情があるご家庭の方は、学校でお預かりできる場合がありますので、まずは学校へご相談ください。


5.市立の幼稚園、保育園は開園いたしますが、可能な限り通園を控えご家庭で保育していただくことが子どもの健康と安全を守ることにつながると考えますので、ご家庭での保育についてご協力をお願いします。(詳細については園を通じて保護者の皆様にご連絡させていただきます。)


6.市民の皆様には、手洗い、うがい、咳エチケットなど各自でできる限りの感染予防対策を行っていただきますようお願いします。


  市民の皆様には、ご心配、ご苦労をおかけすることと存じますが、過去に例のない事態であることをご理解いただき、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


  令和2年2月28日       

                              甲賀市長 岩永 裕貴