国勢調査

センサスくん
 国勢調査は大正9年に第1回目が行われ、
 今年は100年目になります。
 令和2年国勢調査にご協力ください。


調査の目的

 国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて、5年に一度実施されます。国勢調査の結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策など、日本の未来をつくるために欠かせない様々な施策の計画策定などに利用されます。

調査の期日

 令和2年10月1日現在で実施します。

調査対象

 令和2年10月1日現在、日本国内に住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

調査事項

世帯員について

 「男女の別」、「出生の年月」、「配偶の関係」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など15項目

世帯について

 「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」など4項目

調査方法(今後の社会状況により変更となる場合があります)

 調査員がみなさんのお宅にお伺いし、調査書類をお配りします。

スマートフォンやパソコンからインターネットで回答いただきます。紙の調査票に記入いただくこともできます。

 インターネット回答されなかったお宅には、後日、調査員が再訪問し、紙の調査票を回収します。

 記入いただいた調査票を調査員にお渡しいただきます。(郵送していただくこともできます。)

 市において、調査票の記入もれや記入誤りなどを確認します。

 国において、コンピュータによる集計を行います。

調査の根拠

 この調査は、統計法(平成19年法律第53号)に基づいた基幹統計調査として実施します。統計法では基幹統計調査を受ける人には報告の義務を、また調査を実施する関係者には調査によって知ったことを他に漏らしてはならない義務を規定しています。さらにこれらに反したときには罰則が定められています。

 回答いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料等)に使用することはありません。

関連リンク

 キャンペーンサイト(統計局ホームページ/国勢調査2020キャンペーンサイト)