第19回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年6月25日(木曜日) 16時30分~17時00分

 場所:会議室301A

1.特別定額給付金等にかかる相談窓口・コールセンターの体制について

  ・特別定額給付金の処理がほぼ完了し、土日の相談件数が減少したことから7月1日以降

   は土日祝の対応を縮小する。

  ・以後、6月補正の追加支援等による状況の変化があれば見直しを検討する。

2.その他

   〇「新型コロナウイルス感染症」リスクレベルについて

   ・本市のリスクレベル「1」のまま6月19日から、ガイドラインで定めた移行期間(2)

    に変更し、イベント開催時の人数上限を変更する。

  〇市立小中学校、幼稚園・保育園における行事等について

   ・運動会、体育祭について、基本的に小学校は土日・祝日の午前中開催とし、中学校は

    平日午前中開催とするが、PTA役員等と協議の上、最終的に学校判断とする。

   ・修学旅行はガイドラインを遵守した上で保護者の理解を得て実施する。行先は学校判

    断とし、日程、交通手段等検討を行った上で実施する。

   ・保育園・幼稚園の運動会については、3歳以上児を対象に年齢毎に10月の平日午前

    中に開催する。

  〇ピーク時の必要病床数の県試算について

   ・県の新たな試算では、ピーク時の感染者数を660人とされ、必要病床数は450床、

    宿泊療養者室数を250室を想定。感染者状況に応じた医療体制を取られる。

今後の市の対応について(6月11日現在)

 第18回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年6月11日(木曜日) 9時00分~9時30分

 場所:会議室301A

1.児童・生徒等に陽性者が出た場合の対応について

  ・小中学校、保育園・幼稚園、放課後児童クラブにおいて、児童・生徒等に陽性者が出た

   場合の初期対応については、直ちに該当する学校等を休業(園・所)し、保健所の指導

   の下、施設の消毒を行うことを確認した。

  ・保健所の調査結果を踏まえ、再開に向けた準備を行う。

  ・学校、保育所、児童クラブ等の公表については、人権に十分配慮しつつ情報公開してい

   く。

2.その他

   ・「新型コロナウイルス感染症」リスクレベルの移行について、6月7日の午前0時から

   県に準じて、リスクレベルを「レベル1(注意)」に引き下げた。

  ・イベント・行事等の中止又は延期について報告。

  ・特別定額給付金の受付状況等について現状報告。

  ・生活相談・貸付相談受付状況について現状報告。


今後の市の対応について(6月1日現在)

 第17回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年6月1日(月曜日)14時00分~14時35分

 場所:会議室301A

1.事業等の実施および市施設の貸館等に係るガイドラインの見直しについて

  ・現在、甲賀市独自のリスクレベルでは、レベル2(警戒)ステージにあるが、感染状況が

   落ち着いていることから、レベル1(注意)に近い警戒ステージと判断し、「県をまたい

   だ移動の自粛」については適用せず、対策を段階的に緩和することとする。

2.「新しい生活様式」を取り入れた地域活動について

   ・「新しい生活様式」を取り入れて地域活動を再開いただく。
・草刈りなど屋外の地域活動については、熱中症予防のためマスクを外しての作業も可能。
・屋内のイベントについては原則マスクの着用をお願いする。
・地域の困りごとの把握や高齢者の見守り活動の再開をお願いする。
・自治振興会で今年度予定していた事業が実施できなくなった場合は、「新しい生活様式」

   に合わせた感染症対策事業など、交付金事業の積極的な組み換えをお願いする。

3.その他

■ 甲賀流”マスク有効活用の術”の取り組みについて

 ・マスクを有効活用するため、家庭等で余っているマスクを回収し、必要とする家庭や

  施設等へ届ける。

■ 新型コロナウイルス感染症における熱中症対策について

 ・マスクの着用により熱中症にかかるリスクが高くなるため、熱中症予防の留意すべき

  ことについて広報誌やホームページにより啓発を行う。

■ 高齢者世帯および高齢者・障がい者施設への対応について

 ・75歳以上の独居高齢者世帯および高齢者のみの世帯に対し、健康などの困りごとに

  ついての状況調査や電話相談を実施する。

 ・市内の障がい・介護サービス事業開設者へ非接触体温計や飛散防止パーテーションを

  配布する。

今後の市の対応について(5月18日現在)

 第16回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年5月18日(月曜日)16時00分~17時30分

 場所:会議室301A

1.緊急事態宣言 一部解除に伴う本市の対応について

  ・公示日  令和2年5月14日
   ・新型コロナウイルス対策「緊急事態宣言対象地域」 滋賀県など39県で解除
   ・感染状況に応じて都道府県を「特定警戒」「感染拡大注意」「感染観察」の3種類に区分
   ・基準は「感染の状況」「医療提供体制」「監視体制」の3点を総合的に判断
  ・「新しい生活様式」を市民周知、啓発し、これを実践いただきながら地域活動や

     社会経済活動を行っていただく。

  ・市施設の再開にあたっては、個別のガイドラインや対応方針に沿って感染予防、まん延

   防止対策を講じる。


2.小中学校、幼稚園・保育園、放課後児童クラブの再開について

   ・小中学校、幼稚園、放課後児童クラブについては、最大限の感染防止対策を講じたうえで、

    6月1日(月曜日)から再開する。
・保育園についても引き続き、最大限の感染防止対策を講じたうえで運営する。
・小中学校については、6月1日(月曜日)から5日(金曜日)までは半日授業とするが、

   給食については、6月4日(木曜日)から開始する。

   なお、6月8日(月曜日)からは通常授業となる。
・小中学校における夏季休業中の登校日については後日、別途通知する。
・幼稚園については、6月1日(月曜日)からの給食開始とする。

3.市施設及び市主催(共催)事業等の再開について

・「新型コロナウイルス感染症」市リスクレベルの作成

  ・政府の緊急事態宣言が解除されたことから、市施設及び市主催(共催)事業等については、

   市「事業等の実施および市施設の貸館等に係るガイドライン」等を踏まえて順次再開する。
   ・事業等の後援等名義使用についても、一定条件のもと承認する。

 

4.市内における避難所、避難場所の3密回避対策について

   ・介助を要する人や高齢者、障がい者、妊婦など「3密」を回避ができるよう、在宅避難を含めそれぞれに適した「避難所・避難場所」へ振り分けを行う。

  ・避難所開設のため、人員体制を確立する。

   ・市民に安心して、行動をとっていただくための周知・啓発を図る。

 

5.新型コロナウイルス感染症に対する甲賀市業務継続計画(BCP)について

   ・「感染症・防災対策」、「福祉・教育対策」、「経済対策」の3つの対策を最優先とし、

     経営資源を集中投資する。
  ・期間内に予定していた事業やセミナーの開催、総合計画・分野別計画の策定は延伸(中止)

    する。

今後の市の対応について(5月8日現在)

 第15回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年5月8日(金曜日)13時30分~14時10分

 場所:会議室301A

1.小中学校の分散登校について

  ・段階的に学習教育活動を再開し、5月18日~5月31日の休業期間中、全学年において

  分散登校日を設ける。

  ・小学校での児童の預かりについては、放課後児童クラブの支援員が対応して継続する。

 

 

2.市公共施設の対応について

  ・図書館については、感染防止策などの開館準備を行い5月18日を目途に開館する。

  ・博物館(資料館類似施設含む)については、他県からの利用者も考えられるため、引き続き

  休館する。

  ・公民館や体育館、運動公園等の施設については引き続き休館・休園とするが、今後、施設

  使用制限の緩和を検討する。

 

 

3.市主催(共催)事業の対応方針等について

  ・県の「その他施設」使用制限緩和の方針決定や県内市町の状況を勘案した上で判断するこ

  ととし、現時点においては、引き続き開催自粛を継続する。

 

4.その他

・特定定額給付金の受付状況について現状報告。

・新型コロナウイルス感染症経済対策に関するチラシ発行。


今後の市の対応について(4月26日現在)

 第14回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

 日時:令和2年4月26日(日曜日)15時~16時30分

 場所:会議室301A


1.小中学校の臨時休業の延長等について

  ・市内小中学校の臨時休業の期間を5月6日から5月31日までに延長する。

  ・学習支援について、週1回の家庭訪問による教材の配布回収とあいコムこうかやインターネットを使った学習動画の配信等を予定している。

  ・学校での児童預かりは継続する。

 

2.放課後児童クラブ・幼稚園等について

  ・放課後児童クラブおよび市立幼稚園の臨時休業の期間を5月6日から5月31日までに延長する。

  ・保育園は保育を継続、家庭保育の協力を引き続き要請する。

 

3.市公共施設の休館等の延長について

・5月6日まで休館等としていた市公共施設については、現在もなお滋賀県内で日々感染者が確認されていることや、4月22日の政府の専門家会議の提言から未だ全国的に感染症の収束の目途が立っていないことから、引き続き5月31日まで休館等の期間を延長する。

 

4.市主催(共催)事業の対応方針等について

・市主催(共催)事業等の原則中止・延期、ならびに市以外の市民団体等が主催する事業等の開催自粛を要請する期間を、5月6日から5月31日までに延長する。

・市及び市教育委員会による後援等名義の使用申請についても、引き続き5月31日までは承認しないこととする。(既に許可している後援等名義については、申請者に事業実施の見合わせを要請する。)

 

5.特定定額給付金等に係る相談窓口・コールセンターの開設等について

 ・新型コロナウイルス感染症対策に伴う国の緊急事態宣言及び滋賀県の緊急事態措置に対する市民や事業者の皆様の疑問や不安を解消するとともに、適宜適切なサービスを提供することを目的として、市独自に相談窓口及びコールセンターを開設する。

   場  所:市役所別館 
   設置期間:5月1日(金曜日)~
   受付時間:8時30分~17時15分(平日及び土日祝)

6.その他

 ・大型連休中の帰省・観光・旅行を含めて外出を自粛していただくよう市民に啓発する

 ・給付金便乗詐欺について音声放送や市ホームページを通じて注意喚起を継続する。

 ・75歳以上の高齢者について、一人7枚ずつマスクを配布する。

 ・市立病院等で不足が予想される防護服・防護エプロンを自前で作成する。


今後の市の対応について(4月17日現在)

第13回 新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

日時:令和2年4月17日(金曜日)13時30分~14時30分

 

1.市民への外出自粛の啓発について

  • 市民に医療機関への通院、食材の買い出し、職場への出勤など、生活の維持に必要な場合を除き、外出自粛を強く要請。
  • ジョギングや散歩などは問題なし。健康管理につとめてほしい。
  • 緊急事態宣言の拡大を受け、市民に素早く、的確な情報が届けられるように、広報車や、音声放送告知端末、あいコムのL字放送、あいこうか緊急メールなどを使用し伝達する。


2.小中学校の登校について               

  ・教科書等の配布については、保護者のみ登校いただきお渡しする。

 ・週1回の分散登校は中止する。

 ・休業の期間は変わらず、4月20日から5月6日までとする。

 

3.幼稚園の臨時休園について

 ・幼稚園は、4月20日から5月6日まで臨時休園とする。

 ・保育園は、引き続き感染症防止対策を講じて保育を行い、家庭保育について改めてご協力を要請する。

 

4.公共施設の休館について

 ・全ての都道府県に緊急事態宣言が出されたことに伴い、4月14日決定した内容を別紙のとおり見直す。

 ・運動公園・グラウンドについては、4月18日から5月6日まで休園(休場)とし、遊具類についても使用禁止とする。但し、公園の散歩などについては引き続き利用可能。

 ・図書館については、4月18日から5月6日まで休館とし、WEB・電話予約による貸出しは継続とする。

 ・子育て支援施設については、4月18日から5月6日まで休館とし、電話相談は通常開館日のみ継続とする。

 ・老人福祉センターは、4月18日から当分のあいだ休館とする。

 ・なお、宿泊施設(勤労福祉会館「サントピア水口」、かもしか荘)については、「業務継続施設」に分類されているため、営業継続を認めるものとする。

 

市公共施設の臨時休館について(令和2年4月17日現在)

 

5.職員の勤務体制について(感染リスクを最小限とするため)

 ・交代勤務による業務体制の構築。

 ・期間:4月18日から5月6日まで

 ・対象:市庁舎・中核地域市民センターに勤務する職員(会計年度任用職員)※保育園幼稚園、その他出先機関も感染リスクを減らす勤務体制の構築に努める。

 ・取組:2班編成の交代勤務により接触機会を回避する。

 ・開庁日は従来どおり月曜日から金曜日とする。(各種証明等は開庁日のみ発行)

 

6. 新型コロナウイルス感染症くらし・経済対策推進室の設置について

・本市における新型コロナウイルス感染症対策に関する組織体制を強化するため、経済支援・経済対策に特化した「新型コロナウイルス感染症くらし・経済対策推進室」を新たに4月20日(月曜日)から設置。

今後の市の対応について(4月15日現在)

第11回 甲賀市新型コロナウイルス感染症対策本部会議 結果

日時:令和2年4月14日(火曜日)16時30分~18時


1.小中学校の臨時休業の再延長等について

 ・小中学校の休業延長を政府の「緊急事態宣言」の期間となる5月6日までとする。

 ・始業式に変え、児童・生徒を分散登校させ、教科書等の配布を行う。

 ・小中学校では、週1回の登校を実施する。

 ・中学校においては、特別に支援が必要で、学校への登校を希望される家庭については、相談の上、生徒の受け入れを行う。

 小中学校の臨時休業の再延長について(PDF573KB)

 

 

2.当面の市主催(共催)事業等の対応方針について

 ・市内での感染拡大防止を強化するため、市主催(共催)事業等の実施は、5月6日までは、原則としてすべて中止若しくは延期とする。

 (尚、当面8月末までの主な市主催(共催)事業等の対応状況は市主催事業中止・延期一覧を参照)

 

 

 

3.市及び市教育委員会後援等名義使用承認事務について

 ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市及び市教育委員会後援等名義使用申請のあった5月6日までの行事は、市の感染予防方針に沿い後援等名義の使用を承認しないこととする。

 ・尚、既に許可している後援等名義の行事等については、申請者に感染予防も含めて事業実施の見合わせを要請する。

 

 

 

4.市公共施設の臨時休館について

 ・4月7日に発令された政府の「緊急事態宣言」を受けた県立施設等の状況を踏まえて、市内での感染拡大防止を更に強化するため、市公共施設については、新たに4月18日から5月6日まで(一部劇場は5月31日まで)原則として休館、利用制限を行う。

既に施設を予約している主催者に対しては、大変ご迷惑をお掛けするが、利用の中止や延期を要請する。

 ・また、市内小中学校の全学校開放施設も、4月17日~5月6日までの間、使用停止とする。

  市主催イベント、貸館の際のガイドライン(4月15日改訂版)

  市公共施設の臨時休館について(4月15日現在)