市税の納期限を過ぎると、甲賀市税条例で定める割合(最大14.6%)の延滞金がかかります。また、定められた納期限までに納付がないと督促状を発送します。督促手数料(100円)は督促状を発した日の翌日から徴収します。
 滞納が続くと、税負担の公平性を保つことから、財産を差押えすることになります。差押えする財産は、動産、不動産、電話加入権、給料、年金、預貯金などです。

1.延滞金の率について

 
 

平成12年1月1日~
 平成25年12月31日

平成26年1月1日以降

年率
納期限の翌日から1か月を
経過する日までの期間

特例基準割合(注)

特例基準割合(注)+1%

納期限の翌日から1か月を
経過した日以降の期間

年14.6%

特例基準割合(注)+7.3%


100円未満の端数又は全額が1,000円未満の延滞金は切り捨てます。
(注)特例基準割合とは
 特例基準割合は平成12年1月1日以降の延滞金又は還付加算金の額の算出に用いており、各年の前年の11月30日を経過するときの商業手形の基準割引率(従来のいわゆる公定歩合)に年4%の割合を加えたものをいいます。
 なお、平成26年1月1日以降については、銀行の新規の短期貸出約定平均金利を基準に、各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%の割合を加えた割合となります。※7.3%を超える場合は7.3%です。

(参考)各年の特例基準割合

平成12年1月1日から平成13年12月31日まで

4.5%
平成14年1月1日から平成18年12月31日まで 4.1%
平成19年1月1日から平成19年12月31日まで 4.4%
平成20年1月1日から平成20年12月31日まで 4.7%
平成21年1月1日から平成21年12月31日まで 4.5%
平成22年1月1日から平成25年12月31日まで 4.3%
平成26年1月1日から平成26年12月31日まで 1.9%
平成27年1月1日から平成28年12月31日まで 1.8%
平成29年1月1日から平成29年12月31日まで 1.7%
平成30年1月1日から令和2年12月31日まで 1.6%

 

 

 

 














2.延滞金の計算について

平成30年1月1日以後に新規発生した滞納税の場合

 延滞金 =

 

税額×日数A×(特例基準割合+1%)

 

 +

 

税額×日数B×(特例基準割合+7.3%)

 

 365日

 

 365日

 

日数A:納期限の翌日から1月を経過する日までの期間の日数
日数B:納期限の翌日から1月を経過した日から納付日までの期間の日数

<計算例>
税額が200,000円、納期限が令和元年5月31日、
納付日が令和元年11月1日の場合は、次の計算
式により延滞金が計算されます。

200,000円×30日×2.6%
 ――――――――――――
365日

 

+ 

200,000円×124日×8.9%
――――――――――――
365日

 

 

 
=6474.4円

427.3円
6047.1円