市は皆さんの日常生活に直接結びついた身近な仕事をしています。このため、その資金となる費用はできるだけ多くの人に負担してもらうことが望ましいものです。

市民税は、このような地方税の性格を最もよく表している税金で、それぞれの方々の負担能力に応じて費用を分担していただくもので、県民税と合わせて住民税とよばれています。

市民税には、個人市民税と法人市民税があり、それぞれが均等の額によって負担する均等割と所得に応じて負担する所得割(法人の場合は法人税割)があります。

個人県民税の申告と納付は市民税とあわせて行うことになります。