議会は、選挙によって選ばれた議員で構成されている合議制の意思決定機関です。条例の制定や予算などの決定、決算の認定、選任同意、請願の処理などを行っています。このことから議会を「議決機関」といいます。

これに対し市長は、市の仕事を行う代表者として実際の業務を行っており、このことから市長を「執行機関」といいます。

議会には定例会と臨時会があり、定例会は年4回(3月・6月・9月・12月)開催され、臨時会は必要に応じてその都度開かれます。

議会には、議員全員が出席して行われる本会議と、本会議の審査機関としての常任委員会や、必要に応じて設置される特別委員会などがあります。

ほかに議会の進め方を決定する議会運営委員会などが設置されています。

甲賀市議会の現在の定数は24名です。