水口医療介護センター

リハビリテーション科のご案内

当科の紹介

リハビリテーション科は理学療法士1名、リハビリ助手1名で行っています。

当診療所で受けられるリハビリテーションは、機器を用いた物理療法と、理学療法士が行う疾患別リハビリテーションです。

主な対象疾患は、骨折や腰痛、変形性膝関節症、肩関節周囲炎(五十肩)などの整形外科疾患、脳卒中などの脳血管疾患で、患部の痛みの緩和や麻痺した部位の機能回復、歩行能力の改善、日常生活の向上などを目標として物理療法や理学療法を実施しています。

物理療法の内容

疾患別リハビリテーションの内容

リハビリを受けるには

初回は整形外科を受診してください。整形外科の医師より必要に応じたリハビリテーションの処方が行われます。

2回目以降は、疾患別リハビリテーション対象の方は予約制となります。

物理療法のみの方は予約は必要ありませんので、整形外科外来の受付時間内におこしください。

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、病気やケガなどで障害をもった方が可能な限り、元の社会生活を取りもどすことを目標としています。

リハビリテーションに関わる職種として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、視能訓練士等の専門職がありますが、各専門職に共通していることは「再びその人らしく生きること」を支援することにあります。

外来リハビリテーションには、「腰痛を治したい」、「肩が痛くて夜も眠れない」、「退院後まだまだ日常生活に支障があるので、近くの施設に通院してリハビリをしたい」、「旅行に行きたいので、脳梗塞後遺症の影響があるが階段を克服したい」など、いろいろなことを改善したいと来られますが、当診療所ではそのような多様なニーズに対応し、患者さんや地域の方々に貢献できるよう、質の高いリハビリテーションを目指しています。


トップページへ戻る