二次予防事業

二次予防事業の対象者とは  
要支援・要介護状態になるおそれのある高齢者
65歳以上の方で介護予防健診を受診後、生活機能の低下がある方を対象にした事業です。二次予防事業事業の利用希望がある方は地域包括支援センターに相談しましょう。
介護予防デイサービス事業(ステップアップ教室)
運動器が機能低下している方やそのおそれのある方に対し、理学療法士等の指導により、筋肉を使う運動、ストレッチなどを取り入れ、運動機能向上の支援をします。
栄養改善事業
低栄養状態にある方やそのおそれのある方に対し、管理栄養士等の指導により、個別の栄養相談や食事や調理などの指導支援をします。
口腔機能の向上事業
口腔機能が低下している方やそのおそれがある方に対し、歯科衛生士等の指導により、食べる・飲み込む機能の向上や口の中の健康を保つための支援をします。
認知症相談事業
軽度の認知症の方に対し、専門医師等による相談を行い、本人や家族の方への支援をします。
軽度認知症デイケア事業
軽度の認知症の方に対し、運動やレクリエーションなどのプログラムを通して認知症の進行を緩め、社会での役割を持てるように支援をします。

一次予防事業

一次予防の対象者とは
65歳以上のすべての高齢者
すべての高齢者の方を対象にした事業です。広報などでの啓発、既存団体への健康講座、地域の介護予防活動への支援などを実施しています。