平成25年10月から12月までの間、市民ワークショップ及び子ども議会議員ワークショップ計4回に渡り、コーディネーターを務めていただきました滋賀県立大学松岡拓公雄教授にワークショップについて振り返っていただきました。

子ども議会議員ワークショップ

平成25年12月7日(土曜日)に甲南公民館大会議室で、市内の小中学生達20名と滋賀県立大学の学生8名が参加し、滋賀県立大学松岡拓公雄教授のコーディネートのもと「甲賀市役所庁舎整備に伴う子ども議会議員ワークショップ」を開催しました。

市民ワークショップとは少し趣向を変え、地域の将来を担う子ども達が新庁舎に求めること・夢・希望を自由に議論することで、市庁舎を身近に感じてもらう場として開催しました。

第3回 市民ワークショップ

 平成25年11月30日(土曜日)に甲南公民館大会議室で、第3回目の市民ワークショップを開催しました。 今回は、市民委員13名、滋賀県立大学の学生6名の参加により「パブリック(公共)スペースや施設機能など」について意見交換を行いました。
 今回が最終回となりましたが、委員の皆様には最後まで活発なご意見をいただきました。基本設計を進め、3月頃に報告会を開催する予定をしています。
 

第2回 市民ワークショップ

平成25年11月4日(月曜日)に水口社会福祉センター福祉ホールで第2回目の市民ワークショップを開催しました。

今回は、市民委員16名、滋賀県立大学の学生7名の参加で建物配置案等を見ながら「敷地配置や市民交流スペース」について意見交換を行いました。

第1回 市民ワークショップ

平成25年10月5日(土曜日)に甲南公民館大会議室で第1回目のワークショップを開催しました。

当日は、滋賀県立大学の松岡拓公雄教授をコーディネーターに迎え、17名の市民委員と滋賀県立大学の学生12名の参加で、4つのグループに分かれ「新庁舎全体の雰囲気やイメージ」について、終始和やかな雰囲気のなか活発な意見交換が行われました。

甲賀市役所庁舎整備基本設計市民ワークショップの開催について

甲賀市では、新庁舎の基本設計を実施するにあたり、市民と行政の協働によるワークショップを開催し、市民が多く利用する共用部分(窓口やロビー)等について、市民の皆さんのご意見をお聴きし、設計に活かしていきたいと考えております。

※ワークショップとは、参加者が相互に意見を出し合い、学び、交流を深めながら、問題の解決策やアイデアを創造し、意見をまとめていく手法のことです。

開催日時、場所

第1回
平成25年10月5日(土) 13時30分~16時00分
甲南公民館 大会議室
第2回
平成25年11月4日(月・祝日) 13時30分~16時00分
水口社会福祉センター 福祉ホール
第3回
平成25年11月30日(土) 13時30分~16時00分
甲南公民館 大会議室

参加者

ワークショップのテーマ

第1回
新庁舎全体の雰囲気・イメージを考えよう <敷地利用について>
第2回
設計の基本的な考え方を議論しよう <施設配置について>
第3回
市民が多く利用する共用部分(窓口やロビー)等について考えよう <市民利用について>

市民ワークショップ実施要領

甲賀市役所庁舎整備基本設計市民ワークショップ公募委員募集 ※終了しました

※募集は終了しています。

甲賀市では、庁舎整備基本設計にかかる市民ワークショップに参加していただける方を募集します。

1)募集人数
5名以内(書類選考有)
2)募集期間
平成25年9月17日(火)~平成25年9月27日(金)
3)応募資格
16歳以上の市内在住または在勤・在学の人(高校生を含む18歳未満の方は、保護者の同意が必要となります。
4)報酬等について
ワークショップ参加に伴う報酬等の支払いはありません。
5)応募方法
「甲賀市役所庁舎整備基本設計市民ワークショップ公募委員 応募申込書」に必要事項を記入のうえ、「今あなたが庁舎について思っていること、考えること」というテーマの作文(400字詰め原稿用紙1枚程度)を添えて、郵送、直接持参、FAX、電子メールのいずれかで、応募先へ提出してください。
(1)提出書類 ◎甲賀市役所庁舎整備基本設計市民ワークショップ公募委員 応募申込書 ◎作文
(2)申込書は、総務部庁舎整備室(水口庁舎2階)及び、旧支所である土山地域市民センター、甲賀大原地域市民センター、甲南第一地域市民センター、信楽地域市民センターにおいて配布するほか、甲賀市ホームページからもダウンロードできます。
6)その他
詳しくは、市民ワークショップ実施要領及び市民ワークショップ公募委員募集要項をご覧ください。

※出来る限り3回ともご参加ください。