信楽高原鐵道信楽線は、平成25年4月より地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(平成19年法律第59号)第25条の3の規定に基づき、公有民営化による上下分離方式を導入しました。
 このことにより、市は鉄道施設及び用地並びに車両を管理する「第三種鉄道事業者」となり、信楽高原鐵道信楽線の安全輸送の責任の一翼を担っております。
 第三種鉄道事業者として、市民の皆様、利用者の皆様に安心・安全な鉄道を提供するため「安全基本方針」及び「平成28年度甲賀市安全の取組み」を策定いたしましたので、ここに公表します。