平成26年5月22日(木)、23日(金)に、取り組みの中間段階における報告と評価の場として、甲賀市セーフコミュニティ事前審査を開催しました。審査員は、韓国のチョ・ジュンピル先生と台湾のパイ・ル先生、通訳・随行は、日本セーフコミュニティ推進機構の白石陽子代表理事と今井久人専務理事にお願いしました。
 審査に先立ち、5月21日(水)午後6時30分より水口センチュリーホテルにて、審査員、通訳・随行者、推進協議会・対策委員会の委員や各事務局職員を対象に、親睦・交流を深める場として、歓迎レセプションを実施しました。続く22日・23日の審査では、「全体説明(市の概要の説明)」「外傷サーベイランス委員会の活動報告」を始めとして、5項目のテーマ別対策委員会の活動報告等を順次行いました。