平成26年度に実施する市民協働事業は、以下の9つの事業です。
市と団体が協働の手法によって事業を展開しました。
No 事業名 提案団体 担当課 事業概要
1 ホタルの飛びかう水辺づくり、竹炭を使って河川水質改善事業 特定非営利活動法人レインボークラブ 生活環境課 植地先の湧水地をホタルが住める環境に改善するとともに、メダカなど川魚の生息地域を観察できる場、青少年の環境学習や地域住民の心安らぎの場、環境保全活動の情報発信拠点となるように整備する。具体的な手法としては河川改修した後、河川に自家製の竹炭を設置し、水質および環境の改善を行う。
2 異文化が溶け合うサロン事業 鹿深deござれ! 地域コミュニティ推進室 地域で暮らす日本人も外国人も共に集い交流するキッカケづくりとして、ワークショップやイベントなどを開催する。こうした交流を通して、異文化コミュニケーションが図られ、異文化を尊重し理解し合う地域づくりを進める。
3 発達障がいへの理解対応を学ぶ勉強会および啓発活動事業 こころはなまる 自立支援課 発達障がいに対する認識は広がりつつあるが、まだまだ充分とは言えない状況にある。そこで保護者の気づきやどう子どもを育てていくのかを学ぶ勉強会、関係団体との効果的な事業を開催し、発達障がいへの理解と支援の手立てを学び、問題を解決していく。
4 民官産学による「いきものみっけファーム」元気プロジェクト いきものみっけファーム滋賀推進協議会 農業振興課

生活環境課
地域住民、区、自治会、NPO等団体、企業、行政機関、大学等が委員会を設立し、地域資源を活かした「いきものみっけファーム滋賀」元気プロジェクトの取り組みを進める。この活動によって、環境保全型農業による生物の多様性の保全と温暖化防止の啓発につながる暮らしの再発見、6次産業化による地域活性化を進める。
5 学齢期の母親サポート事業 子育てサークル「CHEERS STATION」 こども応援課 就学時の母親支援と母親交流、孤立化する母親サポート、父親の子育て参画を目的とした学び、楽しみ、運動そして交流を行える事業を展開し、つながりを深めるための機会と場所を提供する。
6 ここあったかハウスふれあい農園事業 NPO法人ここねっと 自立支援課 グループホームに入居している勤労意欲のある障がい者や高齢者、または作業所で就労しているホーム入居者が農園で農作業に取り組み、収穫した野菜を商品化・販売し一定の収入が確保できる仕組みを構築する。
7 旧東海道新城および岩神周辺地域の歴史の調査研究 今郷好日会 歴史文化財課 平成23年度から市民協働事業で取り組んできた事業を"点"から"線"へ発展させるべく、文献よる調査研究や現地踏査、岩神公園周辺の景観整備、ふるさと絵図の作成、土山宿と連携した街道まつりの企画を行い、地域活性化をめざす。
8 市の花「ササユリ」の咲きほこる街づくり 滝区ササユリの里づくり 政策推進課 市の花である「ササユリ」を活用したまちづくりとして、過去2年間の取り組みを基に、ササユリの自然繁殖をめざし事業拡大をおこなう。また、今年度においては、市内各公共施設にササユリを展示するため、配布用球根増殖圃を設置するとともに、市域多くの地域への普及をめざし、新たな繁殖法として種子繁殖法の取り組みをはじめる。
9 自然豊かな里山で大人と小学生がいっしょに体験する楽しい里山活動 NPO法人甲賀の環境・里山元気会 社会教育課 平成24年度から市民協働事業へ取り組んできたが、今年度においても、復元した里山を活用し、青少年の健全育成の観点から、小学生を対象とした体験事業を継続し、実施する。また、今年度においては、子どもの保護者だけでなく、祖父母も対象とした事業を実施し、それをPRすることで、市域に同様の里山復元に向けた取り組みや意識を向上させる。