新庁舎建設工事の状況を知っていただくとともに、防災・減災に対する関心を深めてもらおうと現場見学会を4月30日(土)に開催しました。
 午前の部には、「かふか21子ども未来会議」から親子らが、また、午後の部には、一般公募による市民併せて約60人の参加をいただきました。
 

 当日は、新庁舎建設工事の概要や進捗状況、免震装置の仕組みについて説明した後、実際に工事現場の中を見学していただきました。また、見学会の後半には起震車による地震体験や、太陽光発電の説明ブースでソーラーパネルの仕組みを学んでいただきました。