本市には、土砂災害警戒区域などの地域が多数散在しており、土砂災害が発生する危険性を多くはらんでいます。
 特に、土砂災害の危険は、浸水に比べて視覚的に分かりにくく、土質や地形によって発生形態がそれぞれ異なることから、何より前もって避難行動につなげていくことが重要です。
 しかし、市から発表いたします避難情報が市民皆さんの避難行動に結びつきにくいのが実情と思われます。
 こうしたことから、できる限り範囲を限定した避難情報を発表できる基礎資料につなげることと、地域住民の皆様に対して、大雨時に土砂災害の危険性があることや、避難の重要性を直接お伝えすることで、市民を土砂災害から守ることを目的に本事業を実施いたしました。
 実施結果の概要は以下をご覧ください。

平成27年度土砂災害パトロール実施結果概要(1305KB)

平成28年度土砂災害パトロール実施結果概要(707KB)