平成29年12月27日、下記のとおり滋賀県よりインフルエンザ注意報が発令されましたのでお知らせします。

インフルエンザの注意報の発令について

感染症発生動向調査に基づく流行の警報および注意報システムによる情報提供要領に基づき、インフルエンザの注意報が発令されましたのでお知らせします。

なお、この発令は週単位で行い、基準値を越えている場合は継続して発令し、基準値を下回った時に解除します。

  1. 発令年月日
    平成29年12月27日(水曜日)
  2. 発令地域
    県内全域
  3. 定点患者数
    注意報発令基準値一定点あたり10人

    (参考):一定点あたり1.0:(流行の兆しを確認)

            〃  10.0:注意報(流行が進行しつつある)

            〃  30.0:警報(本格的な流行に入った) 

  4. 県内の状況(インフルエンザ定点機関数53ヶ所)
    保健所 県合計 大津市 草津 甲賀 東近江 彦根 長浜 高島
    患者数 13.72 18.73 13.10 17.43 14.75 6.85 8.43 14.33
  5. 経過
    平成29年第51週(12月18日から12月24日まで)の定点医療機関からの患者数の報告を集計した結果、注意報の発令基準値を越えました。

インフルエンザをひろげないために(かからない・うつさない)

  • ※出来るだけ人混みを避け、外から帰ったら、手洗い・うがいを励行しましょう。
  • ※咳が出るときは、マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう。
  • ※適度な温度・湿度を保ち、栄養と休養を十分にとりましょう。
  • ※発症・重症化を防ぐために、ワクチンも重要です。
    ~かかったなと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう~
参考