熱中症を防ぐために

体調管理
日ごろから、バランスのとれた食事と十分な休養をとるように心がけましょう。
水分補給
のどが渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう。
室内にいるときは・・・
室内にいても熱中症になることがあります。室内温度は28℃を超えないよう、エアコンや扇風機を使い、無理のないように温度調整をしましょう。
屋外にいるときは・・・
外出する際は、日傘や帽子などを上手に利用し、なるべく直射日光に当たらないようにし、特に天気のよい日、日差しの強い日、湿度の高い日は、外出する時間帯にも注意しましょう。 また、しめつけの少ない涼しい服装で出かけましょう。

主な症状

熱中症かな?と思ったら

詳しくは、以下をクリックし、ご覧ください。