甲賀市と三重県伊賀市と亀山市はこれまで、従来の圏域に捉われることなく、県境や市域を超えた新たな地域連携(いこか連携プロジェクト)として取り組みを行ってきました。
このたび、新型コロナウイルス感染拡大の状況等を踏まえ、いこか連携プロジェクトの取り組みの一環として、甲賀市と三重県伊賀市は生活行動圏を共有することがわかるように、自動車へ提示いただく「圏域証」と作成いたしました。
両市は県境を跨ぎ、生活行動圏を共有する地域であり、通勤や通院、買い物など、生活を維持するため、県境を超える移動は日常となっております。
希望される方は、以下よりダウンロードいただき必要に応じてご利用ください。
また、担当課でも配布をおこないますので、ご希望の方はご連絡ください。
なお、圏域証のご利用は甲賀市、三重県伊賀市に在住の方に限りますのでご注意ください。

[甲賀市・伊賀市]圏域証