平成29年11月3日、みんなのチャレンジフェスティバルにおいてNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事安藤哲也さんの立会いのもと、甲賀市役所と23の企業・事業所・団体がイクボス宣言しました。
 今後、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を応援する取組を進め、みんながいきいきと働き続けられる職場づくりに共に取り組みます。

イクボス宣言イクボス共同宣言式甲賀市長イクボス宣言

イクボス宣言式の様子

甲賀市役所 市長 副市長 教育長 部長 次長 イクボス宣言

甲賀市役所は、市長・副市長・教育長と所属長・施設長以上

の管理職、あわせて130人がイクボス宣言を行いました。

(写真:次長級以上の管理職)

 

11月3日 宣言企業・事業所・団体の「イクボス宣言書」

  株式会社あいコムこうか
  社会福祉法人 あいの土山福祉会 エーデル土山
  NECライティング株式会社
  株式会社きぶかわ
  甲賀協同ガス株式会社 
  社会福祉法人 甲賀市社会福祉協議会
  甲賀市商工会
  公益社団法人甲賀市シルバー人材センター
  甲賀市役所
  甲賀農業協同組合
  社会福祉法人甲南会 特別養護老人ホームせせらぎ苑
  三陽建設株式会社
  滋賀日産自動車株式会社水口店
  島本微生物工業株式会社
  上西産業株式会社
  杣川工業株式会社
  ダイヤモンド滋賀
  大和リース株式会社 滋賀水口デポ・関西工場
  東海精工株式会社 
  株式会社 日立建機ティエラ
  株式会社 平和堂 アル・プラザ水口
  株式会社水口スポーツセンター Well・Be
  株式会社メディカル甲賀 グループホーム そまがわ
  有限会社ロッシュ・ジャパン デイサービス憩々 デイサービス楽々

                               (五十音順)

 

イクボス宣言とは

 「イクボス」とは、職場で共に働く部下の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス )を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と生活を充実させている上司(経営者・管理職)のことです。「イクボス宣言」は、このようなイクボスになることを会社の内外に広く宣言することです。

なぜイクボスを進めているの?

 少子高齢化で労働力人口が減りつつある中、人材を確保することは多くの企業にとって喫緊の課題となっています。
 また、多くのコストを投じて育成したにもかかわらず、20~30歳代の子育て世代の出産・育児期の離職や40~50歳代の介護による離職は組織にとって大きな損失です。
 こんな時代だからこそ、育児、介護、その他の私生活と仕事の両立を目指す部下の事情に配慮し、活躍を後押しする「イクボス」の存在が重要になってきています。

ワーク・ライフ・バランスとは?

 誰もが仕事、家庭生活、地域生活、趣味など様々な活動を自ら希望するバランスで実現できることです。