介護保険は、みんなが支え合う社会保障制度です。

40歳以上の人全員が被保険者となって保険料を負担し、公費と合わせて介護保険制度を運営しています。

介護が必要と認定されたときに、サービス利用料の1割を負担して介護(予防)サービスを利用することになっています。

加入対象者

第1号被保険者(65歳以上の人)
すべての人に介護保険被保険者証を交付します。
原因を問わず、介護が必要と認定されたときに介護(予防)サービスを利用することができます。
第2号被保険者(40~64歳の人で医療保険に加入している人)
特定疾病が原因となり介護が必要と認定されたときに、介護(予防)サービスを利用することができます。

特定疾病(老化に起因する一定の疾病)

次の16疾病をいいます。