平成19年7月31日、甲賀市教育委員会が主催する自然体験を目的とした講座において、市内の小学生お二人の尊い命を奪う重大な事故を起しました。

本来、子どもたちの成長にとって大切な活動であるのに、このような重大な事故を起したことは痛恨の極みであります。

しかし、このことによってさまざまな活動を停滞させるのではなく、この痛ましい事故を教訓として、安全に実施することの大切さ、子どもたちが自然に接することの大切さを改めて確認し、次代を担う子どもたちが元気にたくましく育っていくために、自然体験活動を積極的に推進していく必要があります。

今回、市教育委員会では、行政はもちろんのこと市民のみなさま、青少年育成団体のみなさまとともに、多くの子どもたちが、安全安心に身近なところで自然体験活動ができる「安全・安心の自然体験活動モデル都市」を目指し、この「甲賀市青少年自然体験活動振興計画」を作成しました。