平成19年7月31日、市教育委員会が実施した高知県四万十川での野外体験講座において、参加された市内の小学生お二人の尊い生命を奪うという重大な事故を起こしました。
 市と市教育委員会では、このような重大事故を二度と起こさないよう、また事故を忘れることなく教訓としながら、子どもたちの成長にとって大切な青少年活動を安全に実施していくために、
7月31日を「甲賀市青少年活動安全誓いの日」と定めています。
 青少年活動は、子どもたちにとって、多様な人々との関わりを通して感性を豊かにし、人間性を培う極めて重要な活動です。今年もこの日を中心に、市民の皆さんと連携しながら、安全で安心な青少年活動を実施できるように様々な取り組みを進めます。

  甲賀市青少年活動安全誓いの日条例(PDF 52KB)

 

安全な青少年活動の実施に向けての取り組み

■青少年活動セミナーの開催

 青少年活動団体の指導者等が集い、青少年活動の意義と企画・実施における安全対策の重要性を認識し、安全かつ効果的に事業が実施できるよう、意識と能力を高める機会として、また情報交換、人材交流を図る場として青少年活動セミナーを開催します。

 ▼昨年度開催の様子(内容:グループディスカッション・ワークショップ/参加者:53人)

 セミナーの様子 セミナーの様子2 セミナー

     

■青少年活動の安全実施のための啓発

 市内の図書館・中央公民館等に野外活動を安全に実施するための書籍や安全対策マニュアルを書籍コーナーに設け、市民の皆さんや青少年団体指導者の皆さんが安全に自然体験活動を実施できるように情報の提供を行います。また、市内小学校4年生児童へ「夏休みセーフティハンドブック」を配布します。

 ▼青少年の自然体験活動における           ▼夏休みセーフティハンドブック

  安全対策マニュアル                 ―自然体験活動を安全に!

   マニュアル1マニュアル       ハンドブック1ハンドブック

 

■自然体験活動用備品の貸出

 各種団体等において実施される自然体験活動を支援するため、ライフジャケットやドーム型テント等の活動用備品を貸出しています。

 ▼貸出備品の一例

 ライフジャケット テント 備品