本計画は、「第2次甲賀市総合計画」に基づく計画であり、平成18年(2006年)に総務省が示した「地域における多文化共生推進プランについて」及び、平成27年(2015年)に滋賀県が示した「滋賀県多文化共生推進プラン(改訂版)」の方向性を踏まえて策定しました。 

 人口減少と少子高齢化とが急速に進展する一方、甲賀市の外国人人口は増加の傾向をたどっています。将来に向けた持続可能なまちづくりを目指すうえで、国籍や文化の違いにかかわらず、誰もが本市を構成する一員として地域で活躍できるようになることが必要です。

 本計画では、外国人と共にまちづくりを進めていくための基本的な考え方をまとめ、本市が日本人だけでなく外国人にとっても「住み続けたいまち」へと発展するよう、行政や市民、各種団体等の各主体が取り組む方向性を示しています。

 第2次甲賀市多文化共生推進計画 (全文) (PDF)