農業委員会は「地方自治法」および「農業委員会等に関する法律(農業委員会法)」に基づいて市町村に設置が義務づけられている行政委員会です。甲賀市には甲賀市農業委員会が設置されており、農業委員19名、農地利用最適化推進委員45名の合計64名の委員で構成されています。農業委員会では農地法等に基づく法令業務とあわせて、地域の農業振興や農業者の意見の反映のための活動を行っています。

基本的な役割と業務

地域の農業・農業者の世話役として、農業委員会等に関する法律(第6条)に基づき、次の3つの基本的な役割と業務を行っています。

(1)農地行政を担う行政委員会

農地の確保と有効利用のために、農地の売買や転用等について公正に審査し、また、遊休農地の発生防止と解消等に取り組んでいます。

(2)地域農業振興の推進組織

農業の担い手育成と農地の有効利用を通じて地域農業の構造改革に取り組んでいます。

(3)農業者の公的代表組織

農業者・集落の声を行政施策へ反映されるべく活動しています。

農業委員・農地利用最適化推進委員の紹介

農業委員・農地利用最適化推進委員の中で担当区域を決め、農地法の許認可審査、農家相談等、地域の農業・農業者の世話役として活動をしています。

活動方針、最適化の推進に関する指針(3ヶ年)、活動計画と点検・評価(年度)

委員の任期が1期3年となっていることから3ヵ年の活動方針と最適化の推進に関する指針を定め、さらに毎年度、具体的な業務計画と目標を定め活動を展開しています。

意見書の提出

農業者の意見・要望等を聴取し、農地利用の最適化の推進に関する施策が行われるよう、甲賀市をはじめとする行政庁へ意見書を提出しています。

農業委員会協力員

優良農地の保持保全と農業委員会業務の円滑な執行を図るため、各地域の農事改良(農業)組合長を「農業委員会協力員」に委嘱させていただき、各種調査、農地に関する情報の提供、農業委員会だより等の刊行物の農家への配布に協力をいただいております。

農業委員会活動