冬期には、露出の水道管が凍結、破裂することがあります。

 水道管が露出している部分や風の強いところの蛇口や配管は布などを巻き付け、濡れないようにビニール袋等をかぶせて保温しておきましょう。

 また、寒波により夜間特に冷え込みが予想される場合は、お休み前に止水栓(メーターボックス内にある水を止めるためのバルブ)を閉め、蛇口を開けて水を抜いておくと凍結による水道管の破損を防ぐことができます。

 なお、蛇口が凍結してしまった場合は自然にとけるのを待つか、凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかけてとかしてください。いきなり熱湯をかけると水道管や蛇口が破裂する場合があります。

 他にも「使い捨てカイロ等」を凍った部分に当てて温める方法もあります。

(注意)カイロの水濡れによる発熱には十分ご注意ください。