基本理念

甲賀市は東に鈴鹿山系を望む丘陵地で、野洲川・杣川・大戸川沿いに平地が開け、森林も多く琵琶湖の水源涵養、水質保全にも重要な地域となっています。また、古くから多くの街道が通る交通の要衝として人や物、文化の交流がなされてきた歴史と文化の息づくまちとして長い歴史を刻んできました。

これらの豊かな自然・歴史・文化資源に囲まれた原風景を保全し、住民、事業者、行政が一体となって自らの環境は自らが守り、より良い環境を創造し次代に引き継ぐため、地域の環境保全はもとより、地球環境問題も視野に入れた総合的な環境施策を推進しなければなりません。

このため甲賀市は、自らが定める環境マネジメントシステムを確立、維持し、環境問題の改善に向けた取り組みを推進します。

基本方針

基本理念に基づき、甲賀市が行う事務・事業については、次の活動を行うことにより、環境に配慮した取り組みを進めます。

環境汚染等の発生を防止するため、監視を強化し、設備の改善を図ります。
循環型社会の構築を目指します。
庁舎の管理や事務活動において、エコオフィス活動を通じ省エネルギーの推進を行ない、地球温暖化の防止に努めます。
化石エネルギーから自然エネルギーへの転換を図り、資源の保護に努めます。
廃棄物の減量並びにリサイクルを徹底し、天然資源の保護及び有効利用に努めます。
水源涵養機能の維持や森林保全、農的環境の保全、緑化の推進等、自然環境に配慮した取り組みに努めます。
市民の環境意識の高揚を図るとともに、環境教育の推進に努めます。

上記の活動を行うにあたっては、環境マネジメント組織を整備し、環境関連法規制及びその他の要求事項を遵守した上で環境目的及び目標を設定します。また、それらの評価、見直しを定期的に行うとともに、継続的な改善に努めます。

以上の方針を全職員に周知徹底するとともに、広く公表します。