母子保健法第6条第6項に規定する未熟児であって、医師が入院養育を必要と認めた乳児について、医療費の自己負担金の一部を公費負担します。

申請手続き

養育医療給付の申請をされる方は、次の書類等をそろえて健康推進課へ提出してください。

1.申請者に記入していただくもの
2.医療機関で記入していただくもの
養育医療意見書(様式第2号)
3.健康保険証の写し
4.印鑑
5.申請者に取り寄せていただくもの → 所得税額等を証明する書類
(1)世帯員全員の住民税課税額証明書・・・・市民窓口センターまたは各地域市民センターで発行します。
※世帯調書に書かれている人全員の書類が必要ですが、他の世帯員の証明書で扶養されていることが証明できる方については、提出を省略できます。住民税の課税額証明については、「課税額証明書」で世帯員全員の証明を提出してください。
確定申告をしていない方(会社等に勤務の方)
(2)源泉徴収票・・・・勤務先で発行(年金所得の方は、源泉帳票の葉書を提出してください。)
※申請が1月~6月の場合は、前々年分、7月~12月の場合は前年分の所得に対する書類が必要です。
確定申告をしている方(自分で事業をしている方等)
(3)確定申告書の控(税務署の受付印があるもの。受付印がない場合は、納税証明書を添付してください。納税証明書については、納付すべき税額が記入、証明されているもので申告所得の証明ではありませんので注意してください。)
生活保護受給世帯の証明書・・・・甲賀市社会福祉課(社会福祉センター内)で発行します。

申請書ダウンロード

その他、申請に関してご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。