国民健康保険高齢受給者証について

国民健康保険に加入している70歳から74歳までの方には、病院などへ支払う一部負担金の割合(「2割(ただし、平成26年3月31日までは1割)」または「3割」)を表示した高齢受給者証を交付しています。

高齢受給者証の対象期間は70歳の誕生月の翌月(1日生まれの人は誕生月)から75歳の誕生日の前日までです。

国民健康保険に加入している方が70歳の誕生日を迎えられたときは、誕生月の月末(1日生まれの方は前月末)までに高齢受給者証を世帯主あてに郵送します。手続きは不要です。

病院などを受診するときには保険証とあわせて高齢受給者証を提示してください。

平成26年4月から改正されます

平成26年4月1日からは、70歳以上75歳未満の方の現役並み所得がある以外の方の一部負担金の割合が変更になります。ただし、昭和19年4月1日以前生まれの方は、これまでどおり「1割」に据え置かれます。

新たに70歳になる方(昭和19年4月2日以降生まれの方)は、70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方はその月)から「2割」負担となります。現役並み所得者の一部負担金の割合は「3割」のまま変更ありません。

昭和19年4月2日以降生まれの方

70歳から2割

70歳になるまでは3割負担、70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方はその月)から「2割」負担となります。

昭和19年4月1日以前生まれの方

1割のまま

「1割」負担のままです。

現役並みの所得がある方

3割

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳から74歳までの国保被保険者がいる方

※ただし、基準収入額適用申請により「1割」または「2割」となる場合があります。

※基準収入額適用申請について

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳から74歳までの国保被保険者がおられる方(「3割」負担の対象)であっても、収入額が一定額未満の場合、「基準収入額適用申請書」の申請をいただくことにより、一部負担金の割合が「1割」または「2割」となる場合があります。

基準収入額適用申請による再判定基準

世帯の状況 基準収入額

国民健康保険高齢受給証をお持ちの方が

1名の場合

本人収入 383万円未満

国民健康保険高齢受給証をお持ちの方が

2名以上の場合

合計収入  520万円未満

国民健康保険高齢受給証をお持ちの方が

1名、かつ旧国民健康被保険者(国保から後期高齢者医療制度に移行した方)がいる場合

旧国保被保険者を含む

合計収入額  520万円未満