老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給手続きをされるときは、年金手帳、印鑑、請求人名義の預金通帳、戸籍謄本などをもって手続きをしてください。添付書類については、お問い合わせください。

手続きをしないと年金を受けることができません。請求が遅れると5年以上さかのぼっての受給はできません。また、死亡一時金は2年を過ぎると請求できなくなります。