事務事業の意義や必要性などを改めて問い直しながら、民間が保有する経営資源を活用しつつ、よりよい公共サービスの供給体制を築くことができるよう、本市の基本的な方針を策定しました。