自宅で自立した生活をするためのケアプランの作成やサービス調整

 介護を必要とされる方が、自宅で「介護保険サービス及び必要な保健医療サービス又は福祉サービス」を適切に利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

 施設への入所を要する場合には、施設への紹介等も行います。

対象者
  • 要介護1以上の認定を受けた方
サービスの内容
  • ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

 ケアマネジャー(介護支援専門員)が、本人が生活を営むために必要なすべてのサービスが適切に利用できるよう、心身の状態や生活環境、本人や家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。

  • サービスの連絡・調整

 ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所や、施設などとの連絡・調整を行います。

※また、居宅介護支援事業所として、本人や家族の代わりに、要介護認定の申請手続きや更新認定の申請手続きを行います。

利用料
  • 利用料は無料です。(介護保険から全額が支払われます。)

ケアマネジャー(介護支援専門員)の役割

  • 「ケアマネジャー(介護支援専門員)」は、介護保険法に位置づけられた職種で、介護保険の根幹となる「ケアマネジメント」を担う立場にあります。
  • 介護保険法におけるケアマネジャーは、要介護者または要支援者からの相談に応じ、その心身の状況等に応じ適切なサービスを利用できるよう、保険者(市区町村)やサービス提供事業所との連絡調整等を行います。
  • 要介護・要支援者が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識および技術を有するものとして介護支援専門員証の交付を受けています。
  • 介護保険制度では、保険給付の対象者である要介護者等に対し、ケアマネジャーが中心となってケアマネジメントが行われます。このケアマネジメントで重要なのは、個々の要介護者等の解決すべき課題や状態に即した「利用者本位の介護サービス」が適切かつ効果的に提供されるよう調整を行うことであり、その責任を担っているのがケアマネジャーとなります。
  • ケアマネジャーの多くは、「居宅介護支援事業所」に所属しています。居宅介護支援事業所は介護保険制度に位置づけられたサービス事業所の一つであり、居宅において受けられる介護サービスなどの紹介、ケアプランの作成とサービスの調整、サービス給付費の計算や請求などを利用者に代わって行います。これらの業務を実際に手がけるのがケアマネジャーです。