甲賀市では、平成18年11月1日から、本人になりすました不正な交付請求を防ぐため、「戸籍」「住民票」「税」に関する各種証明書を請求される場合、請求される方の本人確認をさせていただいております。

このほど、戸籍法・住民基本台帳法が一部改正されたことにより、5月1日から、「戸籍」「住民票」に関しては、さらに厳格な本人確認が必要となりました。

このため、戸籍謄抄本・住民票の写しなどを交付請求されるとき、また戸籍の届出や住所などの異動をされるときは、下記による本人確認書類をご提示願います。

本人確認書類の主なものは次のとおりです

1点で確認できるもの
運転免許証・有効旅券(パスポート)・住民基本台帳カード(顔写真つき)・在留カードなど官公署が発行した顔写真つきのもの
2点必要なもの(Aのうち1点+Bのうち1点 または Aを2点)
A)健康保険証・年金手帳・年金証書・住民基本台帳カード(顔写真なし)・後期高齢者被保険者証・介護保険証 などの官公署が発行した顔写真がないもの
B)学生証(顔写真つき)・社員証(顔写真つき)など

郵便で取り寄せをされる場合は

戸籍、除籍、改製原戸籍の謄抄本などを郵送により交付請求される場合も、ご本人であることを確認できる書類の写しを、必ず同封願います。この場合の確認書類は上記と同様です。

また、甲賀市からの返信先は、住民登録をされている現住所を原則とします。

「税」に関する証明書を請求される場合は

これまでどおり、上記に掲げる書類のいずれか1点をご提示願います。

※本人になりすました不正な手続きを防ぎ、個人情報を保護するため、皆様のご理解をよろしくお願いします。