遊ぽけっと

昔あそび じゃんけんあそび

あそびのはじめは じやんけんから

あそびには、まずじゃんけんで順番を決めることからはじまるものがあります。「じゃんけんぽんよ あいこでしょ あらだめよ もう一度」などといったかけ声をかけます。このかけ声にはさまざまなものがあり、大阪には、”大阪じゃんけん”というのがあり、「大阪じゃんけん、負けるが勝ちよ」と歌います。これはじゃんけんの変則の型で、歌詞のとおり、”負けるが勝ち”で、ふつうのルールを逆にしています。

じゃんけんはもともとは、中国から伝わってきた”拳戯”という発展してきたものだといわれています。

じゃんけんのあそび方

さまざまなじゃんけんあそびを紹介します。

顔じゃん

顔じゃんの絵

顔でグー・チョキ・パーを表現する。

足じゃん

足じゃん

足でグー・チョキ・パーを表現する。

階段じゃん

階段じゃんの絵

じゃんけんで勝った数だけとぶ。階段をどんどん上がって、早く下りてきたほうが勝ちになる。

おんぶじゃん・ランドセルじゃん

おんぶ、ランドセルじゃん

友達とふたりで歩いているときや、学校の帰り道などにみんなであそぶ。じゃんけんで負けた人が、友だちを背中におんぶするのが「おんぶじゃん」、友達全員のランドセルを背負うのが「ランドセルじゃん」という。

最初から数を決めておくやり方と、電信柱3本の距離とか、自転車にのった人に出会うまでなど、いろいろ決めておくやり方がある。

げんこつ山のタヌキさん

歌あそびをしながら、最後にじゃんけんをする。

げんこつ山のタヌキさんのやり方

おちゃらかほい

おちゃらかをする前に、「セッセッセッのヨイヨイヨイ」といいながら、相手の手をにぎってふり、次にそのまま手を交差させる。

おちゃらかほいのやり方1

おちゃらかほい2

このホームページのイラスト等は無断転用しないでください。