遊ぽけっと

「おしくらまんじゅう おされてなくな」、と大きなこえで力いっぱいおしあっていると冬の寒い日でも、汗をかいてしまいます。

テクニックがものをいいます、何回もやっていると判断力やパワー、テクニックがみについてきます。

【はり手】

二人で向かい合って立ち、両てのひらでつきとばし合います。
足の位置を動かさないで、バランスをたもつのが、とてもむつかしいのです。

【しりずもう】

うしろ向きになって立ち、おしりを押したり、引いたりして、相手の足の位置を動かしたら勝ちです。

【片足ずもう】

片足とびをして相手とぶつかり、両足を地面につかせたり、たおしたりしたほうが勝ちです。

【引きずもう】

たがいに半身にかまえて片手をにぎり合い、その手を押したり引いたりして、足の位置が動いたら負けです。

【すわりずもう】

向かい合ってすわりながら上体を組み、おしりをうかせたり動かしたりしないようにして、相手の体をたおしたほうが勝ちです。

【あしずもう】

すわって両足を前に出して向き合い、その足だけを使って相手を倒します。
うでを組んで、勝負するやり方もあります。

【ゆびずもう】

互いの手の4本ゆびを組み,親指を動かして相手の親指を押さえます。「5」かぞえている間押さえていれば、勝ちになります。

【うでずもう】

テープルの上にひじを立て、手をにぎりあいヨーイ、ドン!で力を入れます。
押さえつけあい、相手の手の甲をテーブルの上に押しつけたら勝ちとなります。ひじがテーブルからはなれたり、動いたりすると負けです。

 
このホームページのイラスト等は無断転用しないでください。