甲賀市景観計画 (平成25年10月1日施行)

甲賀市では、市域の良好な景観を保全、創造するための基本的な計画として、景観法に基づく甲賀市景観計画を策定しました。

この計画では、地域の景観特性に応じた良好な景観形成を推進するための、ルールを定めています。

また、重点的に景観まちづくりに取り組む地区や景観上重要な沿道を「景観形成地区」に指定するなど、市民や事業者と行政が一体となり景観まちづくりに取り組んでいく制度を設けています。

アクロバットリーダのダウンロード

甲賀市景観計画の主な内容

1.景観計画区域と景観形成地区

景観計画区域
景観計画の対象とする区域で甲賀市全域を対象とします。
景観形成地区
良好な景観を特に保全すべき地区、あるいは今後地域の特徴を生かした景観形成を重点的に図るべき地区を「景観形成地区」として指定します。
   景観形成地区(詳細図)  
     国道307号沿道景観形成地区索引図(PDF9.43MB)
         区域1(PDF7.19MB) ・区域2 (PDF7.10MB)・区域3(PDF7.65MB) 
       区域4(PDF10.4MB) ・区域5 (PDF10.2MB)・区域6(PDF9.33MB)
       区域7(PDF9.35MB) ・区域8 (PDF9.47MB)・区域9(PDF8.61MB)
       区域10(PDF8.57MB)・区域11(PDF9.20MB)
     杣川河川景観形成地区(PDF8.30MB)
     土山地域景観形成地区索引図(PDF9.80MB)
        区域1(PDF6.82MB)・区域2(PDF9.30MB)・区域3(PDF7.27MB)
        区域4(PDF8.98MB)・区域5(PDF7.90MB)・区域6(PDF8.55MB)
        区域7(PDF8.31MB)・区域8(PDF9.50MB)・区域9(PDF6.56MB)
        区域10(PDF8.36MB)・区域11(PDF5.60MB)

 

2.届出の必要な行為

届出の対象となる行為(PDF1.1MB)
ただし、以下の行為については、届出対象から除外します。

届出除外とする行為

(1) 通常の管理行為、軽易な行為等

  • ・届出の対象となる規模未満のもの
  • ・地盤面下における行為
  • ・工事に必要な仮設の工作物

(2) 非常災害のために必要な応急措置として行う行為

(3) 法令又は他の条例に基づいて定められた区域内で行われる行為
  (地区計画区域や自然公園特別地域など)

(4) 国・地方公共団体その他規則で定める公共団体が行う行為

3.景観重要建造物や景観重要樹木の指定についての仕組みや基準について

周囲と一体となって良好な景観を形成する建造物や樹木を景観重要建造物又は景観重要樹木として指定し、その保存に必要な支援策を検討します。

4.市民が主体となった景観まちづくりを推進する仕組みについて

市民や事業者等が主体となって、地域の資源を生かした景観まちづくりに取り組むことができるよう、景観形成地区の指定やルールづくりの仕組みを定めました。

関連資料

景観審議会議事概要
第1回審議会 (平成24年 5月18日)(PDF 190KB)
第2回審議会 (平成24年 7月13日)(PDF 166KB)
第3回審議会 (平成24年 9月 7日)(PDF 217KB)
第4回審議会 (平成24年12月14日) (PDF 204KB)
審議会答申
景観審議会答申書(平成24年12月14日)(PDF 79KB)
都市計画審議会答申(平成25年 1月17日)(PDF 257KB)
パブリック・コメント
パブリック・コメントの結果 
関連条例
甲賀市景観条例(PDF  165KB)
甲賀市景観条例施行規則(PDF  201KB)
景観法の届出 について
景観法に基づく行為の届出について
甲賀市景観基本計画
甲賀市景観基本計画(平成23年6月策定)(PDF 11.6MB)