■全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達試験の実施について

自然災害や武力攻撃などの発生時に備え、全国瞬時警報システム(Jアラート)の機器の動作確認のため、消防庁による全国一斉の情報伝達試験が年間4回実施されます。

試験の実施に伴い、市内全域の地域情報化基盤整備事業で設置している「音声放送端末機」と「屋外拡声器」からテスト放送が、『最大音量』で流れます。

また、市からの緊急メールに登録された方で、災害情報の配信を希望している方に、試験内容のメールが届きます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

■年間試験予定:年4回 5月15日(水)、8月28日(水)、12月4日(水)、2月19日(水)

        ※時間はいずれも11時00分

■実施対象:市内全域の「音声放送端末機」と「屋外拡声器」 および市からの緊急メールに登録している方

放送内容:放送前後にチャイムが鳴り、『これはJアラートのテストです』等の放送が 『最大音量』で流

      れます市からの緊急メールに登録いただいたアドレスにメールが届きます。

       ※放送内容は一部変更になる可能性があります。


 参考)消防庁作成 イメージ図

 消防庁HP

 注意事項

 ・内容が緊急を要するため、放送は深夜を問わず24時間いつでも実施されますので、

  ご了承願います。

 ・緊急地震速報については、震源が近い場合や直下型地震の場合、速報が間に合わない

  ことがあります。