平成20、21年度の2年間にわたり甲賀市社会教育委員の会議は、既設市内5つの図書館のより有効な活用を図るため、また、より費用対効果を高めるための方策について社会教育の立場から協議し、ここに一つの提言としてまとめました。

折角設置され、毎年、多くの公費が投入され運営されている図書館が、市民のために充分活用されない状況ならば「もったいない」、そんな願いのもとに協議を行いました。委員全員で各図書館を訪問したり、グループに分かれて聞き取りをしたりして各館長の思いも盛り込みました。熟読のうえ、これからの図書館のあり方として市の教育行政、各図書館の運営に活かされるよう願います。