野生鳥獣は、自然の中で自らの力で食料を得て生存していくものであり、人為的に飲食物を与えること(餌付け)は、人なれを助長し、人里に出没させる誘引となります。また、意図的ではなくとも野生鳥獣のエサとなるものを野外に放置しておくと(例えば、生ゴミの不適切な排出、墓地でのお供えものの放置、収穫しない不要な果樹の放置等)も、同様な影響を与えるとともに、本来の生息場所から人間の生活の場へ野生鳥獣の出没を促すこととなり、人との軋轢(あつれき)を増幅することにつながります。

人と野生鳥獣が共生できる環境をみんなでつくるために、無責任な野生鳥獣への餌付けはやめましょう。