まずは追い払いを!

 ニホンザルは、追い払う人間と追い払わない人間を憶えていきます。市役所の職員だけが追って、集落の方が追わないと、集落の方を怖がらなくなって、慣れてしまいます。

 ロケット花火は、獣害対策課または各地域市民センターで支給しています。

防除対策を!

 防護柵をするなどの他、放棄果樹の伐採や冬季の田起こしなど、ニホンザルにとって魅力のないエサ場へ変えていきましょう。

サルを増やさない!

 栄養価の高いものを食べているサルは増加率も高く、捕獲以上に増えていきます。サルを増やさない努力も必要です。

はぐれザル対策について

 ニホンザルは通常群れで生活をしますが、母系のため基本はメスとこどもを中心に形成します。群から群を渡り歩いたり、数頭で行動するなどしているオスを「はぐれザル」と言います。

徹底的に追い払う エサをやったり相手になったりしない