水口岡山城は、天正13年(1585)羽柴(豊臣)秀吉の家臣である中村一氏(なかむらかずうじ)によって大岡山(現在の古城山、通称「城山」)に築かれました。

一氏の後、増田長盛(ましたながもり)、長束正家(なつかまさいえ)が城主となります。

眼下には東海道が東西に通り、鈴鹿越えの道を押さえることを意識した当時の戦略がうかがえます。

水口岡山城は、豊臣政権における甲賀支配の中核となる城だったといえます。