ごみの分け方・出し方

市が定期収集する家庭系ごみ

分け方 内容 出し方 収集
燃えるごみ
燃えるごみ
■燃えるごみ
再生のきかない紙くず、割りばし、アルミホイル、衣類、かばん、くつ、ゴム製品、ラップ類など
  • 家庭用燃えるごみ指定袋に入れて、名前を書いて出してください。
  • 燃えるごみに生ごみを入れる場合は、十分に水切りをして出してください。
週2回
生ごみ
生ごみ
■生ごみ
※甲賀市は「生ごみ堆肥化循環システム」を実施しています。燃えるごみ減量のため、まだ参加されていない方はぜひご参加ください。
  • 調理などから出る生ごみは、生ごみ処理容器や生ごみ処理機で処理してください。
     
週2回
廃プラスチック類
■廃プラスチック類
シャンプー・洗剤のボトル、インスタント食品・冷凍食品の袋、カップ麺容器など

※「プラスチック製容器識別マークマーク」のある容器包装プラスチックや、日用品のプラスチック
  • 指定袋(プラスチック専用指定袋)に入れて、名前を書いて出してください。
  • 汚れの落ちない物は、燃えるごみに出してください。
週1回

空き缶
■空き缶
ジュースやビール、缶詰め缶、菓子缶、ミルク缶、茶缶、のり缶など
  • 飲料・食用など口に入れられる物が入っていた缶で、一斗缶程度までの大きさの物が対象です。
  • 中身を出して、水洗いして出してください。
  • スプレー缶とは分けて出してください。
月1回
スプレー缶
スプレー缶
■スプレー缶
ヘアスプレー・防虫スプレーなどのスプレー缶、カセットボンベ
  • 必ず使いきり、穴をあけてから出してください。(穴空けは風通しのよい場所で行ってください)
  • 缶とは分けて出してください。
月1回
びん 無色 ■空きびん
  • 酢、麺つゆなどの無色透明びん
    無色透明びん
  • ドリンクびんなどの茶色びん
    茶色びん
  • 調味料びんなどの緑、青、黒色びん
    青、黒色びん
  • 飲料・食用など、口に入れられる物が入っていたびんが対象です。
  • 無色、茶色、その他の色に色分けしてコンテナに出してください。
  • 中身を出して、水洗いして出してください。
  • ラベルは、はがさなくて構いません。

※ビールびん・一升びん(酒)・牛乳びんは、できるだけ販売店に引き取ってもらってください。

※化粧びん、板ガラス、ガラスコップは燃えないごみとして出してください。

月1回
茶色
その他の色





埋立
埋立ごみ
■埋立ごみ
化粧びん、陶磁器類、カミソリ、カッター刃、ガラス、クギ、針、鏡など
  • クギ・針など、極小さなものは他の埋立ごみの中に入れてください。(例:化粧びんの中に入れるなど)

※カミソリ・カッター刃などの小さな刃物は紙などに包んで、品名を明記して出してください。

※ライターは埋立ごみではありません。

月1回
金属
金属
■金属
なべ、やかん、きり、包丁、針金製のハンガー、傘の骨組みなど

※包丁・ナイフなどの刃物は紙などに包んで、品名を明記して出してください。

小型電気
製品
小型電気製品
■小型電気製品
電気シェーバー、電子体温計、アイロン、CD・MDプレイヤー、電気コードなど
  • 機器類の電球・電池・燃料は必ず取り除いて出してください。

※縦・横・高さの合計寸法が1mを超える場合は、燃えない粗大ごみとして出してください。

ペットボトル
ペットボトル
■「ペットボトルマークマーク」のあるペットボトル
飲料水や酒類、しょうゆ・みりん・ドレッシング類などのペットボトル
  • 中身を出して、水洗いして出してください。
  • キャップ、ラベルは必ず外し、廃プラスチック類として出してください。
  • キャップ下のリングは外さなくても構いません。
  • 色つきペットボトルも収集します。
月1回
発泡スチロール
発泡スチロール

■「ポリスチレンマーク」か、「プラスチック製容器識別マーク(ポリスチレン)マーク」のある
発泡スチロール、トレー
食品トレー、発泡スチロール(電気製品等緩衝材)
  • 食品トレーは水洗いして出してください。
  • 色つきトレーも収集します。

※カップラーメンのカップや発泡していない(手で割れない)トレーは廃プラスチック類として出してください。

月1回


新聞
新聞紙
■新聞紙(折込 広告・チラシ含む)
  • バラバラにならないよう、ひもで十字に縛って出してください。
月1回
ダンボールダンボール類 ■ダンボール類
  • バラバラにならないよう、ひもで十字に縛って出してください。(1m×1m以内)
紙パック
紙パック
■「飲料用紙製容器マークマーク」のある紙パック
  • 水洗いし、切り開いて乾かして出してください。

※紙パックで内側に銀紙が貼ってあるものは燃えるごみとして出してください。

その他紙
その他紙
■その他紙
雑誌、包装紙、ボール紙製箱、封筒、コピー用紙、その他紙(「紙製容器包装マークマーク」のある紙類)
  • バラバラにならないよう、ひもで十字に縛って出してください。
  • 小さな紙は雑誌の間にはさんで出してください。

蛍光管
電球
蛍光管・電球
■蛍光管・電球
電球、豆球、グロー球、蛍光管(割れたものも含む)
  月1回
乾電池
乾電池
■乾電池
乾電池のみ
  • ※ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池、小型シールド鉛蓄電池はリサイクルBOX設置店に、ボタン電池はボタン電池回収協力店に持ち込んでください。
ライター
■ライター
  • ライターだけで一つの分別かごにまとめて出してください。
  • 今までどおり、生活環境課・各地域市民センターへお持込いただけます。      

※平成25年4月からライターの分別収集をはじめました。 

月1回
粗大 燃える
粗大ごみ
※詳細は「粗大ごみの処分について」をご覧ください。
燃えない
粗大ごみ
※詳細は「粗大ごみの処分について」をご覧ください。
廃食油
廃食油
■廃食油
天ぷら油、食用油
  • 無色透明のペットボトルに入れて出してください。
  • ペットボトルのふたはキチンと閉めてください。
  • 集積所の中に置いてください。
  • 未開封のものはそのまま出してください。

※機械油や燃料油は絶対に出さないでください。

月1回
家電4品目 ※詳細は「家電4品目の処分について」をご覧ください。

市が収集しないごみ

区分 内容 出し方
草木
草木
■家庭から出る草木類
刈草、剪定木、芝、落葉など
~3つの処分方法があります~
  1. 堆肥化原料として水口不燃物処理場へ搬入
    • 家庭から出る刈草および剪定木は、軽トラ1台程度であれば水口不燃物処理場のみで受け付けます。
    • 長さ1.8m、太さ15cm以内で土の付いていないものに限ります。
  2. 燃えるごみとして甲賀広域行政組合衛生センターへ搬入
    • 長さ1.8m以下、太さ5cm以内で土の付いていないものに限ります。
    • 軽トラック1台程度が限度です。
    • 10kg毎に50円の処分手数料が必要です。
  3. その他、細かくして家庭用燃えるごみ指定袋に入れ集積所へ出すことも可能です。(土は除いてください)
    • ※生ごみと同様に堆肥化できますので、燃えるごみ削減のため、できるだけ1の方法で処分してください。
一時多量ごみ
一時多量ごみ
■家庭から出る引越しごみ類など 詳しくは下記業者にご連絡、ご相談をお願いします。
【地域別問合わせ先】
  • 水口・信楽・甲南地域 (株)水口テクノス TEL.62-5311
  • 土山・甲賀地域(株)ヒロセ TEL.0748-52-0943
動物死体
動物死体
■犬猫等の小動物類
  • 処分を希望される場合は、甲賀広域行政組合衛生センターへ。(「ごみの処理施設について」参照)
  • 供養をされる場合は甲賀斎苑へ。事前にお問い合わせください。(一体:3,000円 TEL.86-8448)

市が受付しないごみ

区分 内容 出し方
事業系一般廃棄物
事業系一般廃棄物
■事業活動に伴って生じたごみで、産業廃棄物以外の物をいいます。
※燃えるごみの減量化のため、適正な分別を行い資源化に努めてください。
燃えるごみは、甲賀広域行政組合衛生センターに搬入してください。
  • 10kg毎に180円の手数料が必要です。
  • 事業用燃えるごみ指定袋に入れて出せば無料です。(指定袋は、1枚につき90円で甲賀広域行政組合衛生センターのみ販売しています)

※自ら搬入できない場合や燃えないごみは、一般廃棄物処理業者に委託(有料)してください。

※以下のものは販売店、取扱店、専門機関などに引き取ってもらうか、産業廃棄物処理業者に依頼してください。
産業廃棄物問い合わせ先:滋賀県産業廃棄物協会 TEL.077-521-2550
受付しないごみ
受付しないごみ
■処理困難物
ガスボンベ、タイヤ、ホイール、バイク、農機具類、草刈機、バッテリー、ピアノ、劇薬、ペンキ、自動車部品など
  • ※販売店、取扱店に引き取ってもらうようにしてください。
■建築設備品
風呂釜、流し台、給湯器(ボイラー)、太陽熱温水器、浴槽など
  • ※解体又は運搬した業者に引き取ってもらうようにしてください。
■在宅医療廃棄物
注射針、注射器、点滴針など
  • ※鋭利、感染性のあるものは、交付を受けた医療関係機関に引き取ってもらうようにしてください。
  • ⇒但し、点滴パック、ストーマなどの鋭利でなく感染性のないものは、燃えるごみとして出せます。
■産業廃棄物
事業活動に伴って生じたごみで、燃えがら、ゴムくず、廃プラスチック類、建設廃材、農業用資材など
  • これらのごみ処理は法令により、事業者自身の処理責任となっています。自ら処理することができない場合は、産業廃棄物処理業者に委託(有料)してください。