戦争遺留品返還式が令和3年2月9日(水曜日)に滋賀県公館ゲストルームで行われました。

戦争遺留品返還式とは

 太平洋戦争で亡くなられた方の遺品を遺族へ返還する活動で、日本遺族会が米国の非営利団体「OBON SOCIETY」と連携して実施しています。

 この日は甲賀市(当時は柏木村)から出征された辻英次さんの軍隊手帳が、終戦から75年以上の時を経て遺族の辻善明さんのもとに届けられました。

戦争遺留品返還式の様子

返還された軍隊手帳を手にする遺族の辻善明さん

(写真)返還された軍隊手帳を手にする遺族の辻善明さん(前列中央)

このページに関するアンケート(福祉医療政策課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください