現代版忍者屋敷等リフォーム事業とサテライトオフィス等整備リフォーム事業について、一次募集で予算額に達しなかったため、継続して申し込みを受け付けます。

 申し込みは先着順とし、予算額に達し次第、受付は終了します。

 

 補助対象工事

 下記の(1)(2)(3)全てに該当する工事に限ります。
 (1)市内の個人事業主及び市内に本社がある事業者(下請け事業者も同様)へ発注するリフォーム工事
 (2)令和3年(2021年)4月1日~令和4年(2022年)3月31日までに着手、かつ完了可能な工事
 (3)補助対象工事が10万円以上
 ※他の制度の補助を受ける場合は、その補助対象工事を除きます。
 ※外溝工事、市外業者による工事費用等補助対象外となる工事があります。
 ※過去に住宅リフォーム補助を受けた方および住宅は対象外です。
 ※詳しくは、案内チラシ( PDF6.81MB)をご覧ください。
 ※今回から、これまでの補助対象工事に加え、「在宅勤務のための改修(間仕切りの設置、抗ウイルスコーティ
  ングの施工、非接触の設備機器の設置など)」や「換気機能やウイルス除去機能が付いたエアコンの設置工事
  」も補助対象工事としています。

 

 現代版忍者屋敷等リフォーム事業(予算100万円)

 空き家・空き店舗の有効活用、既存店舗の活性化を促進するため、店舗利用目的で忍者屋敷風、町屋風にリフォーム工事を行う方に対し、補助を行います。

内容 補助率 限度額
 甲賀市空き家等実態調査で空き家・空き店舗と判断された物件の所有者及び店舗利用目的で空き家を購入または借用する個人・法人または団体が行うリフォーム工事。もしくは、市内の既存店舗の所有者及び購入または借用する個人・法人または、団体が行うリフォーム工事。
 ※リフォーム内容の審査を行います
補助対象工事費の50% 最大50万円補助

 

 サテライトオフィス等整備リフォーム事業(予算100万円)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機とし、市内でサテライトオフィスやテレワークスペース(レンタルスペース含む)のリフォーム工事を行う方に対し、補助を行います。
 詳しくは商工労政課へお問い合わせください。
 ※通信環境の整備等を補助する「サテライトオフィス整備補助」も併用できます。

内容 補助率 限度額
サテライトオフィス等の店舗利用目的で個人・法人または団体が行うリフォーム工事 補助対象工事費の50% 最大100万円補助

 

 加算事項

■ びわ湖材利用時加算※使用するびわ湖材は、市内のびわ湖材取扱認定事業体に登録された事業者に限ります。
滋賀県産木材である「びわ湖材」を床や壁等の仕上げ材として10平方メートル以上、又は構造材として1平方メートル以上使用した場合、限度額に10万円加算します。

  

 申込方法

 所定の申込用紙に記入し、申込時添付書類(下記参照)を添えて、市役所商工労政課へ提出してください。
●申し込み多数により予算額を超えた場合、受付を終了します。

●補助金交付後、要件に満たないと判断した場合は、補助金の返還を求めることがあります。

●申込用紙は「概要・様式のダウンロード」からダウンロードできます。

 

申込時添付書類 

 企画書(リフォームの概要が分かるもの)

 

概要・様式のダウンロード 

【概要】 案内チラシ( PDF6.81MB

【様式】 現代版忍者屋敷等リフォーム事業申込書( EXCEL42KB PDF210KB
     サテライトオフィス等整備リフォーム事業申込書( EXCEL39KB PDF200KB

 

このページに関するアンケート(商工労政課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください