新型コロナウイルス感染症の拡大により、大きく影響を受けている市民生活や地域経済の一日でも早い回復のために、感染症対策の切り札として大きな期待が寄せられているワクチンの集団接種を最優先に実施するため「オール甲賀市役所」で取り組んでいます。

ついては、下記により「甲賀市業務継続計画(新型コロナウイルス感染症対応編)」を準用し、市民生活への影響を最小限に抑えながら、通常業務の一部を当面の間は縮小または休止中断し、集団接種に職員を集中的に配置します。

このことから、市役所各部局の平常業務につきましては、一部で延伸、縮小、休止等の影響が出てきますことから、市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。


【期間】

期間は、集団接種のピークが見込まれる令和3年10月まで、但し、国からのワクチンの供給状況によってはスケジュールが変更になる可能性があります。

・5月12日(水曜日)~6月18日(金曜日)高齢者集団接種

・6月19日(土曜日)~7月31日(土曜日)高齢者集団接種(休日・夜間の拡充)

・7月上旬~10月31日(日曜日)一般集団接種


【内容】

(1)最優先とする業務について

(1)新型コロナウイルスワクチン接種

(2)感染症・防災対策(感染拡大防止、地域医療、防災体制、避難所運営)

(3)福祉・教育対策(市民生活の安定※子ども、高齢者、障がい者、外国人など)

(4)経済対策(地域経済の維持・活性化)

※ただし、これらの業務の中でも緊急を要する防災対策については、最優先とします。


(2)延伸、縮小、休止等となる業務の考え方

(1)部局ごとにワクチン接種への出役職員を確保するために、集団接種の終了時期まで延伸可能な業務。

(2)新型コロナウイルスの感染防止のため、本年度は開催を見送る事業など。

※尚、ワクチンの集団接種体制の大幅な変更があった場合には、弾力的な見直しを検討します。


(3)対象となる主な業務について

○研修会、視察等

時期を変更する事が可能な出前講座、研修会、施設見学、視察受入れ等の休止

○工事等

着工時期を遅らす事が可能な小規模工事・委託業務等の休止

○集会やイベント等

2021あいの土山マラソンの中止

東京オリンピック・パラリンピックのシンガポール選手団の事前合宿の中止

広島平和記念事業の中止

消防関係行事の中止(滋賀県消防操法訓練大会など)

人権尊重のまちづくり懇談会の中止

事業所内公正採用選考・人権啓発に係る企業訪問の縮小

六古窯関連行事の縮小

都市農村交流推進事業の中止

青少年自然体験活動の縮小

金の卵プロジェクト事業の休止

このページに関するアンケート(危機管理課)

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください