メニュー表示

メインメニュー

閉じる

小児(5~11歳)の「初回接種(1・2回目接種)」

 新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方について、正しくご理解いただいたうえでお子様と保護者の方の意思に基づいて接種をご検討ください。また、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

 ワクチン接種を早く受けている方や、様々な理由によって接種を受けられない方、接種を望まない方もおられます。周りの人に接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

 

接種対象者

 甲賀市内に住民票を有する5歳~11歳の方

 ※5歳の誕生日の前日から12歳の誕生日の前々日までの方対象となります。

 

実施時期

 令和6年(2024年)3月31日まで

 

使用ワクチンと接種回数

  ・ファイザー社 小児(5~11歳用)オミクロンXBB.1.5対応1価ワクチン

  ・モデルナ社  小児(6~11歳用)オミクロンXBB.1.5対応1価ワクチン

    ※甲賀市の医療機関で使用するワクチンは「ファイザー社」のワクチンです。

 

 接種回数

    2回(1回目接種からファイザー社は3週間、モデルナ社は4週間の間隔をあけて2回目を接種します。)

 

 注意事項:すでに1回目を「従来型1価ワクチン」「オミクロン対応2価ワクチン」で接種された方が9月20日以降に2回目

      を受ける場合は、交互接種となるため、前回接種から4週間(27日)以上の間隔をあけてから接種してください。

 

 ※初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が2回目の

  接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

 

接種体制

 市内医療機関での個別接種で実施します。

   ご参照ください ▶個別接種医療機関について(小児・乳幼児接種)

 

接種当日の持ち物

 ・接種券

 ・予診票

 ・本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカードなど)

 ・母子健康手帳

 やむを得ず保護者(親権者)以外の方が同伴される場合は、上記の持ち物のほか「委任状」が必要です。

 

他のワクチンとの接種間隔

・インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンとの同時接種を受けることができます。

・インフルエンザワクチン以外のワクチンは同時に接種できません。前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

 (例)4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。詳しくは、身近な医療機関の小児科医などにご相談いただきながら、計画的な接種をご検討ください。

 

公的関与について

令和5年9月20以降、予防接種法第8条(接種勧奨)及び第9条(努力義務)の規定については次のとおりになります。

基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと医師が認める方 ○(適用)
上記以外の方 ×(適用外)

※令和5年9月19日までは、初回接種対象者すべての方に公的関与の規定が適用されています。

※「努力義務」は「義務」ではないため、接種を望まない方に接種を強制することはありません。

 また、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

 

参考情報

 5歳~11歳のワクチン接種について厚生労働省や小児専門機関の見解に関する参考情報をリンクします。

 厚生労働省  「5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ」(外部リンク)

        「新型コロナワクチンQ&A 小児接種(5~11歳)」(外部リンク)

 日本小児科学会「5~17歳の小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方」(外部リンク)

        「新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき

         小児の基礎疾患等」(外部リンク)

 

 日本小児科医会「5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種にあたって」(外部リンク)

 

このページ関するアンケート(新型コロナウイルス感染症対策室)

QuestionRepeater
このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください