メニュー表示

メインメニュー

閉じる
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症対応のため、地方公共団体が必要な事業を実施できるよう、内閣府により創設された交付金です。
 この交付金は、地方公共団体が策定する実施計画に掲載された事業に対し交付限度額を上限として交付されるもので、交付限度額は各団体の人口、財政力、感染状況等に応じて定められます。交付金を活用できる事業は、感染拡大の防止、雇用の維持と事業の継続、経済活動の回復、強靭な経済構造の構築を目的とした事業に対し、自治体の判断により広範囲に認められます。

〇臨時交付金(令和2年度)を活用して実施した事業の実績報告
 実績報告(総括表)
 実績報告(一覧表)

このページ関するアンケート(新型コロナウイルス感染症対策室)

QuestionRepeater
このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください