メニュー表示

メインメニュー

閉じる

マイクロチップとは

マイクロチップは、小型の円筒形で、外側に生体適合ガラスを使用した電子標識器具です。最近では、直径1.4mm・長さ12mm程度のものが主流となっています。

動物病院などで獣医師が専用の注射器を使って皮下に埋め込み、一度埋め込むと首輪や名札のように外れ落ちる心配が少なく、半永久的に読み取りが可能な個体識別証になります。

マイクロチップには個体識別番号が入力されており、犬や猫が迷子になったときや、地震や水害などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれとなった時に、滋賀県動物保護管理センター等でデータベースに登録されている飼い主の情報と照合し、飼い主の元へ戻すことができます。

マイクロチップ登録制度

令和4年6月1日から動物愛護管理法の改正によりブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着・登録が義務化され、ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されています。そのため、飼い主になる際には、指定登録機関の飼い主情報を変更する必要があります。

情報登録について(環境省HP)

なお、現在犬や猫を飼っている方については、マイクロチップの装着は努力義務となっていますが、装着のご検討をお願いします。

このページに関するアンケート(生活環境課)

QuestionRepeater
このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください