メニュー表示

メインメニュー

閉じる

 令和5年10月1日以降の新型コロナウイルス感染症対策において、継続となる事業や取り扱いが変更となる主な事項について、お知らせします。詳細については、滋賀県ホームページ「10月以降の新型コロナウイルス感染症対策について」をご参照ください。

 

自宅療養者等支援センターが統合され、受診・相談センターに一本化

10月1日以降、新型コロナ診断後の体調急変時等の相談窓口(自宅療養者等支援センター)は、受診・相談センターに統合されました。

項目 5月8日~9月末   10月1日以降       
患者等への対応

○発熱・のどの痛みなどの症状がある場合:       

   受診・相談センターによる相談対応          

○自宅療養中に体調悪化などがあった場合:

 自宅療養者等支援センターによる相談対応

○発熱などの症状がある場合・自宅療養中に体調悪化等 

 した場合:

 受診・相談センター(TEL:077-528-3621) 

 

新型コロナウイルス感染症にかかる治療薬の費用について

令和5年9月まではコロナ治療薬の費用は全額公費支援されましたが、10月以降は一定の自己負担を求めた上で公費支援を継続されます。

項目                5月8日~9月末                         10月1日~令和6年3月末            

コロナ治療薬

費用

 ○全額公費支援(外来・入院) ○一定の自己負担を求めつつ公費支援を継続   
 【自己負担額の上限(一回の治療あたり)】       
 1.医療費の自己負担割合が1割の方・・・3,000円   
 2.医療費の自己負担割合が2割の方・・・6,000円
 3.医療費の自己負担割合が3割の方・・・9,000円

 

新型コロナウイルス感染症での入院医療費にかかる公費支援について

新型コロナウイルス感染症で入院された際の入院医療費について、公費支援の額が次のとおり変更されます。

項目                5月8日~9月末                                            10月1日~令和6年3月末                                   
 入院医療費

○高額療養費制度の自己負担限度額から

   最大2万円の減額

○高額療養費制度の自己負担限度額から         

 最大1万円の減額    

 

高齢者のための宿泊療養施設について

高齢者のための宿泊療養施設は、9月30日で運営を終了されます。

項目 5月8日~9月末                                            10月1日以降   
高齢者のための
宿泊療養施設

○ホテルピアザびわ湖・ヴォーリズ記念病院  

   にて運営

○9月30日で運営を終了                     

このページ関するアンケート(新型コロナウイルス感染症対策室)

QuestionRepeater
このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください